今年は・キツかった!

野球に例えるならば、

今は、

9回の表。

先発から・連続で、

マウンドに立つ、

ピッチャーと・いった処でしょうか。

直球・変化球・織り交ぜての、

フル投球の・連続でした。

本当に・今年は・苦しかった・です。

思いもしない・新型コロナウィルス。

眼に見えないだけに・緊張感が・身体全体に電流が・流れました。

患者さんを・守らんきゃ・なんねぇ!

そんな・思いで・いっぱいの・1年でした。

そのような環境の中、

大勢・新規の患者さんが・お越しになられました。

皆さんが、

先生処なら・安心だ!

そういう・お言葉は・嬉しかったですね。

今年の傾向として、

再根管治療の・多かったこと!

鑑みれば、

若手の歯科医師たち、

焦ってるんが、

伝わって・くるんです。

不景気なんですね。

患者さんって・お金儲けの・手段じゃ・ありません。

手当ての・準備を万端・整えて、

日々を・精進し・医療人として・過ごしていれば、

向こうから・やってくるモンです。

長い事・歯医者稼業してますが、

毎日が、

工夫・工夫の連続です。

楽しんで・歯の治療やってる・だけなんです。

根管治療にしても、

毎回・毎回が、

命がけ・なんですよ。

絶対に・根管を見逃さねぇよ!

そんな・感じですかね。

必死こいてますから、

スタッフなんか・ピリピリして、

私のアシスタントして・くれてます。

そういうモンです。

 

私たちは・医療職・兼・清掃作業員

私にしては、

随分と・長い間の・ブログ更新の・ひと休みでした。

忙しいンです。

患者さんと・患者さんの・合間の、

徹底的な・清掃と・消毒作業に・追われてるんです。

患者さんが・手に触れる処・全て・ですから。

その作業が・終わって、

次の患者さんを・お迎えするンです。

医療行為と・清掃作業員を・兼ねた・毎日です。

あ~!労働したっての・充実感ですかね。

ピリピリして・ますよ。

患者さんを・新型コロナウィルスから、

完全に防御しながら、

普通に見えるように、

患者さんには・悟られないようにと。

ホスピタリティって・そういうモンなんです。

 

 

覚悟を決める

昨年の・今頃とは、

三枝デンタルオフィスの・全ては・一新しました。

基本理念は・変わりません。

本当に困った時の・歯科医院です。

今まで、

私の診療所にて・勤務したスタッフは、

今の私の・仕事には・到底・就いては・いけないでしょう。

それほど迄に、

細かく・詰めが・煮詰まりました。

熟練工の・領域に、

私は・覚悟を決めての・突入です。

 

 

 

 

根管治療

根管治療は、

1日に・一人だけと・決めています。

指先の皮膚・肩に・大きな負担が・架かるからです。

その位、

根管治療は・繊細な・手当て・なんです。

レントゲン像だけで・評価できないのも、

根管治療の・厄介な処なんです。

指先から・伝わる【感触】が・全てなんです。

三枝デンタルオフィスの体制

新潟から望む・連峰の山々は、

既に・雪冠を戴いていました。

いよいよ、

雪・雪・雪の・季節に・突入するのですね。

季節の移ろいとは・別に、

それどころでは・なく、

日本は・新型コロナウィルスに・覆われてしまったようです。

巷で、

さまざまな・感染防護対策を・目にする機会が・増えました。

で、

どうして・こういう考え方が・出来るのか?

単なるパフォーマンスで、

全く無意味な・感染防護を目にする機会が・多いんです。

考えるという・人類進化の鉄則を、

AIに任せようという昨今の風潮への、

天からの・警告かもしれませんね。

私ですか?

新型コロナウィルスが・どうの・こうの・

と、言われて、

既に・1年を迎えようとしてますから。

完全に、

三枝デンタルオフィスの・体制は・完成しました。

それも、

患者さんには・意識させないような・自然体な・かたちで。

ホスピタリティの三枝ですから。

その分、

スタッフは・大変だと思いますよ。

患者さんには・本当に・安心して・頂きたいので、

頑張るだけですね。

 

小さな事の・積み重ね

ほらっ・言ったじゃないですか?

新型コロナウィルスを・甘く・考えては・ならない・と。

日本医師会会長も、

テレビ放送に・登場するようになったでしょう?

今年の初頭は、

東京都医師会会長が・頻繁に、

テレビ放送で・訴えていたじゃないですか。

もう・東京レベルの問題では・ありませんよ。

しかし、

このような状況下においても、

経済活動を・止める訳には・いきません。

ですから、

各自の・徹底的な・予防策が・大切だと。

小さな事の・積み重ねが、

確実に・効果を発揮しますから。

とにかく、

シツコイくらいの・うがいと・手洗い。

十分な・栄養補給と・睡眠。

徹底的に・続けてください。

相手は、

チフスや・コレラ菌では・ないんですから。

とにかく、

良識という・言葉を・思い出し、

お年寄りや・基礎疾患の在る方々のご不安を

一掃して・差し上げましょうよ。

男のやせ我慢

いよいよ・冬本番の・予感です。

ジワジワと・寒気・押し迫って・きています。

来週は、新潟。

先月は、

マセラティのグランカブリオをぶっ飛ぶしての・往復でしたが、

今月からは、

アイスバーンや・不意の雪に・備えて、

フォードのトラックでと。

私は・自動車が好きです。

ゴルフも、

賭け事、

呑みにも・行きません。

ソレと云って・趣味も・ありません。

診療所と・自宅を・自動車で往復するだけの・毎日です。

ゆったりと、

自分のプライバシーを保てるのが、

通勤時の・自動車の中だけなのです。

だって、

自宅にも、自室も・ありませんので。

そういうのを・言い訳に、

自動車に・乗っています。

で、

今までに乗った自動車の・ミニカーを・集めてみよう。

そんな気分に・させてくれたのは、

吉祥寺で開業の・小出明医師が、

マセラティのミニカーを・プレゼントして下さった事に・起因したのです。

小出君が、

いらん事を・した為なんですよ。

小出君が、

私の・変な処に・火をつけたんです。

しかし、

18歳の時からですから、

随分と・多くの自動車に・乗ったモノです。

乗りに・乗った・って・処でしょう。

全て・同じ車種で・カラーだと、

収集するのに、

何年・かかるンでしょうか?

そんな事を・考えながら、

あるルールに・気づいたのです。

いつも、

オープンカーは・所有していたと。

これは・恐らく・というか、

思い当たる・節は・あるんです。

高校時代、

学校をサボって・新宿界隈を・徘徊していたんですが、

伊勢丹の前に、

映画館が・在ったンです。

ソコで、

リチャード・ギア主演映画の・アメリカンジゴロ。

仰け反って・感動したのです。

当時ですから、

観たこともない・広~い・ウォークインクローゼットに、

アルマーニのスーツと・簾のように列んだネクタイの数々。

で、

愛車が、

赤のメルセデスのSLだったのが、

脳裏に・インプットされたンでしょう。

メルセデスのSLに・たどり着くには、

ソレから20年の・歳月を要しましたが。

ただ、

歳をとってきますと、

メルセデスやBMWのようなドイツ車は、

私は・無理になりました。

なぜなら、

文句のつけようもない・優等生ですから、

人生・そんな筈ないじゃん・って。

面白さに・欠けるのです。

最近のアメリカ車は・良いですよ。

で、

ゆったり気分に・浸してくれる。

で、

頑丈です。

私は・身体全体が・商売道具ですから、

そういう面は・重視します。

ソレと・

カッイイ・じゃん。

私が、

日産アトラスに・スーツ姿で、

乗るンですか?

チョッと・哀しいですね。

ソレと、

ぶつけられても、

怪我しない・自動車って・処は・肝心要の大切な処。

あと、イタリア車は・絶対に・良いです。

機械としては・絶対に・ドイツ車に敵いません。

が、

官能感で・包まれるんです。

観られるための・自動車。

やせ我慢してでも・カッコよく観せる・って・処でしょうか。

男が、

スーツに・ネクタイ・靴が、

キチンとしていないのは・駄目!

という類の・処でしょう。

自動車って・男のロマンじゃないですか?

医療職

この頃、

根管治療と・手術とが、

交互にという・予約状況にて、

寸間も、

院長室で・一服が、

できません。

トホホ。

どちらの・手当ても、

1度・チェアに腰を落ち着けると、

2時間は、

動けませんから。

そのような・毎日を・過ごしていました。

昨日の・日曜日は、

ありがたい事に・雲ひとつない・晴天。

イケマセンね。

ゆっくりと・休めば良いものを。

自動車修理工が着用する・つなぎを着て、

診療所に・居りました。

朝の・6時頃から・です。

大型梯子と・脚立・高圧洗浄機を、

自宅から・トラックで運び、

診療所のビルを・全面的に・洗浄していたのです。

業者に・依頼しないの?

自分で・出来ることは・自分で・する。

そういう姿勢を、

私は・仕事を通じて・身につけました。

何故・今頃?

だって・今でしょっ!

大気汚染されてると・思いませんか?

新型コロナウィルスの・生命力。

次々と・発表されてますから・認識されてると・思います。

患者さんを・迎える・診療所ですよ。

綺麗に・洗っておきゃんと。

そう・思い立って、

即・行動ですよ。

しかし・随分と・汚れていました。

スッカリと・綺麗に・なりましたよ。

三枝デンタルオフィスは・私の診療所です。

私の・考え方・判断基準で、

治療を・行ってきました。

他の診療所が・どうだ・こうだ・は、

私の意中には・ありません。

私の考え方で、

新型コロナウィルスの中、

診療所を・運営しています。

1日の感染者数が・1000人ですよ!

他の業種の事は・判りませんが、

患者さんを・お迎えする医療機関は、

綺麗に・清潔が・第1だと。

建物の洗浄が・有効か・どうか?

そんな事は・関係ないンです。

そういう・心構えって・云うンですか。

私は・医療職は、

そういう処が・大事なんだと。

三枝デンタルオフィスの・患者さん受け入れ体制の考え方

現在、三枝デンタルオフィスに・通院中の患者さんを、

絶対に・何が・なんでも、

新型コロナウィルスからの・感染から・お守り・しなければ・なりません。

ですから、

新患の患者さんの・受け入れは、

日頃よりも、

慎重に・慎重に、

判断しています。

なによりも、

本当に歯で困った患者さん・だけで。

だって、

未だに、

全ての患者さんを・通常通り・受け入れは・いませんもの。

大変・申し訳ないんですが、

その判断は、

私の・主観的判断です。

お気に召さず、

他の歯科医院に・転院されても・構わないと、

その辺りは・覚悟の上での、

三枝デンタルオフィスの・水際作戦です。

無論、

新患の患者さんも・物凄く・多いんです。

が、

その判断は、

私が・独断で・判断しています。

三枝デンタルオフィスは・私個人の運営する診療所です。

私の判断が、

診療所の方針であります。

 

臆病者と・覚悟

私は・超臆病者ですから、

新型コロナウィルスからの・感染に、

物凄く・警戒しています。

漢方薬を服用し・免疫機能を高め、

毎日、赤身のステーキをウエルダンで・150グラム。

牛乳も・シッカリ飲んで、

小学児童のような・食生活を営んでいます。

ゆっくりと・入浴。

で、

早寝早起きの・徹底。

十分な・手洗いと含嗽。

換気の悪いと感じた場には・絶対避難を・貫いています。

無論、

何処に・行くのも乗用車。

買い物は・もっぱらインターネットです。

何故・ソコまで徹底するのか?

私だって、

アッチコッチ・行きたいですよ!

でも、

患者さんに・迷惑をかけたく・ないのです。

また、

戒厳体制の中、

日本歯科大学は・親御さんからお預かりした・大切な・ご子弟、

そして、

なによりも、

折角・お越し下さる患者さんを、

徹底的に・守っています。

私は、

三枝デンタルオフィスと・日本歯科大学で診療しています。

だからこそ・辛抱して、

克己心の見本のような・生活を送ってるんですよ。

このような生活ですか?

おそらくは、

来年の暮れくらい・まで・続くと、

覚悟しています。