青春

息子の助手席ほど

恐ろしいものはありません。

彼は私の修理工としての腕前を

本当に信じているのでしょうか?

自身の手で組み立てたと云う自負は在りますが、

街なかの車道を

足がわりに使う程度にしか

考えてはいませんでした。

オールドアルファほど美しい自動車はありません。

神戸から大阪近辺に、

同種の自動車はこの1台だけになったそうです。

屋根全開に駆け走る

オールドアルファのハンドルを握る息子は

青春を満喫しているようです。

横顔を眺めながら、

引き継いだ血を感じつつ、

車体がバラバラにならぬかと、

ドアノブをシッカリと握る私です。

 

 

美しい女性

この歯型は、

最終入れ歯の製作のためのモノではありません。

仮の総入れ歯のための歯型です。

仮の総入れ歯を

如何に丁寧に、正確に、

創りあげるかで、

総入れ歯の完成度が決まります。

総入れ歯ですから、

歯は全くありません。

お口にも張りはありません。

無から全てを創りあげる。

これが総入れ歯治療です。

入れ歯がガタガタいっては噛めません。

入れ歯が痛ければ噛めません。

老人のようなお顔になって欲しくありません。

可愛い素敵な女性であって欲しいです。

だから、

私は知恵を搾るんです。

さて、

ここからがスタートです。

また美しい女性がお一人増えるでしょう。

瞬間芸

仮の総入れ歯を造り始めた治療風景です。

患者さんの脇で、

手当ての下ごしらえです。

普通のクラウンの治療の際には、

【歯型を採る】と表現しますが、

入れ歯の際には、

【歯型を創る】と、

私は表現しています。

無からの創造ですから。

タイミングを見計らって、

【瞬間芸】です。

皆さん、患者は入れ歯を経験しています。

が、

私の入れ歯造りの手法は

観たこと、

されてこと、

全く初体験であるそうな。

ビックリされて居られます。

で、

一生懸命に治療について来て下さいます。

師匠

今は朝の6時を少し回った処です。

読みかけの本の続きをと、

その前に昨日、

東京音楽大学の武田真理教授へ送った

プレゼントにまつわる物語が

鮮明に思い出され、

心暖まり、

珈琲でもと。

プレゼントの中身はCDです。

武田真理教授の御母堂である

武田弘子先生が自ら作曲し、

貸し切りのスタジオで、

私の目の前で演奏し、

プロが録音したモノです。

私がこの診療所を新築した際に、

ホームページを一新させました。

現在のホームページの前のモノです。

このホームページのバックに流れていた

あの曲が、

武田宏子先生の曲だったのです。

武田宏子先生はクラシックピアノ界の巨星でした。

活躍するプロの殆どが、

先生のお弟子さんであり、

プロピアニストで

武田宏子の名前を知らない人は居ないでしょう。

私の診療所の新築を先生は、

自分のことのように喜んで下さいました。

なんせ私の若い時分から、

ずっと患者さん目線で、

私を見守って下さっていたからです。

先生はブローネマルクインプラントの

四国第1号患者でもありました。

当時はお住まいは東京でいらっしゃいました。

私と患者としての付き合いは

四半期になりましょう。

私の歯科医師としての歴史を

側で観て、

で、

私のために曲を創ったのだそうな。

再び、

ホームページのバックに曲を流そうと思います。

先生は優しい温かい眼で、

私を見守って下さったのだなと。

が、

プロの眼で、

息子のようにショッチュウ注意され、

日々の過ごし方を怒られたのも思い出されます。

曲から、

先生が私を応援して下さっているのが

肌で伝わります。

昨冬、

先生は天に召されました。

私が先生を忘れる事は生涯ありません。

歯科医師以外でただ1人の師匠ですから。

 

励む

午前中に歯周外科を、

お昼前から今は午後の2時半ですが、

奥歯のダイレクトボンディング修復を行っていました。

詰め物の脇に、

ひびが入って、

歯の内部に大きな空洞ができています。

綺麗に虫歯を取り除きます。

一部、

虫歯が神経に達しています。

心配無用です。

三枝メソッドにて、

神経を保護します。

で、

ダイレクトボンディング修復。

神経の保護も行いましたので、

疲れました。

細かな形態修正と研磨は次回。

次の患者さんは部分入れ歯の調整です。

その後直ぐに、

上顎全体にインプラントを埋めこんだ患者さんの

修復物のセットです。

長くなりそうです。

これが私の今日1日です。

私にできる事と云えば、

誠実に、

丁寧な、

手当てをするだけです。

患者さんが喜んで下さいますから、

私も一生懸命に励めます。

患者さんも

長時間の治療に頑張って下さいますから、

私も一層励めます。

ただ一生懸命

私には殆ど私物がありません。

泥棒もビックリするほど、

私には私物がありません。

東北大震災の直後、

かの凍った大地に立つ私の

人生観なり価値観は一転したのです。

腕時計も1つきり。

洋服にも頓着しなくなりました。

靴や雑貨の類いもそうです。

そのような中、

息子から電話が入りました。

息子が幼い頃から新潟へと出向くまでの、

あるいは社会人となった娘の幼い頃の、

今の幼い娘たちが生まれて成長するまでの、

ビデオテープを観たそうな。

父ちゃんは良い父親になろうとしてたんやな。

ポツリと息子が言いました。

私のような単細胞には

よく判りません。

ただ仕事においても、

何事においても、

一生懸命であったと。

考えること

台風のお陰で外出もままならず、

自宅に隠っての休日を過ごせました。

この頃は、

新患の方が多く、

それも難しい症例ばかり。

若い歯科医師たちや、

製作にあたる歯科技工士さんから、

先生、いったいどうやって

ほどいて、

形に仕上げて行くんですか?

私の仕事です。

山は高ければ高いほど

挑みがいが在ります。

リスクの少ない、

よりシンプルにシンプルに、

そういう目線にて、

患者さんの資料を前に

考へ、

考へ、

糸口を見つけることが、

治療成功の決め手となります。

休日は有効に使うことができました。

保存治療の全ての治療方法にて

台風到来のなか、

海を渡って岡山県瀬戸市から

お出で下さいました。

早く帰れるように!

無理して今日お越しにならずに、

アポイントメント変更すれば良かったのに!

私は気合い充分で臨みます。

根管治療、

歯周外科、

歯肉移植、

保存治療の全ての手法を使いました。

で、

今日、

歯型採りの治療です。

ビシッ!と、

鮮明なる歯型が採れました。

ちなみに、

手前の歯はダイレクトボンディング修復です。

治療は患者さんとの共同作業

覚えていらっしゃいますか?

上の前歯のインプラントの醜さに、

涙を流された患者さんです。

インプラントが本来歯のあるべき位置に

正確に埋められていません。

これが観た目違和感満載の原因です。

インプラントは除去して、

痩せた歯肉へは

厚い結合組織を移植しました。

この症例には、

仮歯を2回使って頂いています。

今日の状態です。

仮歯ですから、

色調は勘弁してください。

最終歯はビシッと決めますから。

次回、

窪んだ部分に骨の移植を行います。

現在、

私、患者さんともに、

一生懸命、

頑張っています!

心に余裕を

今の住まいを壊して、

平屋に建て変えようと

本気で考えています。

向かいが広い公園です。

静かな環境では在りますが、

塀もないオープンな造りにしたものですから、

日曜日などは

公園で遊ぶ人の路駐に困っています。

住まいの敷地は狭くもなく、

広くもなくと云った程度です。

周りに木を植えて、

道沿いには塀を設けて、

外から家に入った犬たちが

足を洗えて、

土間で眠れる造りにしようと考えています。

そんなこんな考えて、

心に余裕をと。