社会勉強

先日のこと。

深夜、

大学から定宿へと戻っても、

昼間の緊張感が・解れません。

で、

常日頃から夜型と聞き及んでいた

〇〇先生に電話したのです。

で、

〇〇君、今・暇かね?

ちょっくら・社会勉強せんか?

と云う訳で、

深夜の街で、

待ち合わせしたのです。

でな、此処いら辺に、

シガー・クラブがあるそうな。

ほらっ・空港の案内所の置いてあった

味わいの新潟って・この冊子に・なっ。

君、そのスマホで調べてな、

一緒に・どうだぃ!

すると、

先生、禁煙したんじゃ?

ソレと、

私は、酒も煙草も・やりません。

君ぃ・ソレは・アカンな。

人間、余裕ってモンがいるんじゃ。

ソレと、

シガーと煙草は違うからなっ。

ほらっ・ヤッパリ社会勉強!

そんな・こんなで、

そのシガークラブのあると云うビルの前へと。

ちょっくら・君・中を偵察してくれぃ。

待つこと数分。

駆けよってくる〇〇先生から、

先生、チョッとヤバイ雰囲気がっ!・と。

ヤバイとは、どんなに?

ナンだか・押しの強い男のマスターが独りでヤッテる店で、

客は、誰もいません。

君ぃ・マスターは男に決まってるやろ。

女のマスターなんか・居るかいな。

押しが強い?

良いじゃないか!

対決やな。

ほな・行こか。

先生、酒も煙草も・やらない僕を連れて行くンですか?

黙って・付いて来い!

気にせず、

エレベーターのボタンを押す私。

寂れたビルの中廊下。

暗いですね。

で、

ありました。ありました。

重い木の押し扉。

気にせず、

店内に入る私。

お二人ですか?

はい。

カウンターとテーブルのどちらがヨロシイですか?

カウンターで。

(なんや・ふつう・やないか)

で、

ナンに致しましょう?

私はジントニックを。

先生~、私は呑めませんよ~。

マスター、

構いませんから、

呑みやすい・男のカクテルで・お願いします。

マジですか~!

これも社会勉強や。

で、

〇〇先生。

そっと・差し出されたグラスを手に取り、

恐る恐る、

グラスに手をつけたっ!

美味しい!

全然・コレならイケマス!

ほら・みてみぃ。

(酔いは・後から回って来るんですが)

マスター、

シガーを。

私はコイーバの・状態の良いのを。

承知致しました。

シガーの準備をするマスターを横目に、

〇〇先生、

何が恐そうな店じゃ。

良い店や・ないか。

先生、

マスターと先生の二人・観たら、

恐らく・誰も入れませんよ。

お二人とも・押せ押せ・だと・思いますが。

下戸の〇〇先生、

何故か、

別の2杯目に入っています。

ソコで、

君ぃも・シガー、ヤッてみてみぃ。

え~!

私は煙草も・吸ったことありません。

するとマスター、

シガーは香りと時間を楽しむモノです。

肺で香りを感じますか?

肺に吸っては・イケマセン。

ソレでは、初心者の方へ、

シガーの楽しみ方を伝授致したいと思います。

オモロイ店やな。

結果、

〇〇先生、

シガー1本・堪能したようです。

先生、これこそ・大人の男の時間ですね!

しかし先生、

暑くナインですか?

いつもネクタイにスーツで。

クールビズ・駄目ナンですか?

未熟者ですね。

 

 

 

 

祈り

5年生の病院実習の際に、

なついて・いた学生が、

もう半年先に迫った国家試験を前に、

不安感で、

切羽・詰まったンでしょう。

6年生の教室の前を歩いていた私の顔を見つけるや・否や、

先生、もうダメだ!

で、

私ですか?

代わりに・試験を受ける訳にはイキマセンから、

ポケットから、

ロザリオを出して、

お前に預けておくよ・と。

見事、

歯科医師免許を取得した際に、

コレを、

俺に・返しに来い!

と、

掌に、

私の御守りを置いてのです。

誤解しないで下さい。

別段、

私は信者獲得の布教者では・ありません。

ただただ、

教え子・可愛さ・だけ・ナンです。

現状、

歯科医師国家試験は、

資格試験の体を為していません。

もう、

選抜戦と云う状況です。

コレでは・良い臨床医など、

生まれないでしょう。

ガリ勉、ペーパードクター養成の青春期を、

歯学部の学生たちは、

無理強い・されてるんです。

医療人としての、

最大の条件は、

競争に【勝ち抜く】ことでは・ありません。

懐深く、

患者さんを・暖かく【包み込む】ことだと・思います。

だからこそ、

勉強もし、

技術の向上も、

自らの強い意志で、

自分に科すンです。

どうか、

後進たちが・立派な歯科医師に育ちますように。

決まり事

毎月の決まり事。

日本歯科大学・歯科放射線学講座の小椋教授と

晩飯を摂りながら、

キゥオター単位での仕事の目標をたてること。

と、

勉強会を召集し、

論文の進行状況を、

セッツクこと。

で、

俺たちって・借金の取り立て・みたい。

後進たちには・申し訳ありませんが、

人の人生において、

頭から全身にシャワーを浴びるくらいに、

仕事に没頭する時季って・必要ナンです。

そのような【洗練】を経験してこそ・

初めて、

診える【眼力】が・備わるンです。

私らの・仕事は、

後進たちから・煙たがられる事だと、

諦めているんです。

歯科医学は、社会貢献のためにあります。

私らが診れる患者さんの数など・

たかが・シレテます。

だから、

人を育てるンです。

日課

今朝も・早起きして、

大学出勤です。

早朝のキャンパスが夜中の雨に濡れて、

輝いています。

タイムカードをおして、

白衣を纏い、

先ずは、

創立者である【中原市五郎先生】の銅像を、

仰ぎ見るのが、

私の日課です。

で、

ソレから、

いつものように・モーニングコーヒー。

 

プロフェッショナルの心得

今の時刻は・午後の8時30分を、

少し・過ぎた処です。

読書の積もりが、

眠って・いました。

疲れが・蓄積してるんですね。

コンビニが買った弁当は、

食べる気持ちに・なれず、

プロテイン・バーとCokeを摂りました。

お金持ちと世間の批判を浴びる【開業医】ですが、

労働に対する疲労困憊は、

割には・あいません。

でも、

歯科医学が・好きナンです。

さっき熱めのシャワーを浴びたんですが、

今後は、

熱めのバスタブに頸まで浸かりました。

肩が痛みます。

何処に行くにも、

ボディーソープを持参する私です。

決まった銘柄しか・使いません。

コロンはレディー用の【BVLGARI】。

患者さんに密着する仕事柄、

加齢臭は・禁物ですから。

コロンが身体に馴染むには・

数年・必要です。

臨床医は、

態度、話し方、間の取り方、

そして、

体臭までも、

徹底的に【計算】し・尽くさねば・なりません。

ソレが・プロフェッショナルって・モンです・

明日の朝、

7時半には、

大学に出勤するためm再び床に入ります。

ただ、

3回は、

途中で・眼が覚めるでしょうが。プロフェッショナルの心得。

第2の故郷

ヤッパリ・新潟は良い処です。

第2の故郷と言っても過言では・ありません。

お昼には・見慣れた街の光景の中にいました。

で、

贔屓の書店で・ゆっくりと回遊し、

何冊か・抱えて、

馴染みの鮨屋へと。

あらっ・先生、

こんな昼間から・お珍しい!

カウンターに腰を落ち着けて、

真っ昼間から冷酒を一杯。

【〆張鶴】。

淡麗辛口が喉越しに快感。

で、

先生、いつもの【白身】から・始めますか?

贔屓の店は・判ってらっしゃる。

普段なら、

買ったばかりの書籍に、

早速・目を通したいノですが、

カウンター越しに、

職人の手当てを凝視する私。

先生、眼が恐いですよ!

そんな・真剣に見つめられちゃ、

手元が緊張するジャないですか。

せっかちな私です。

半時ほど、

新潟の秋の味を堪能し、

宿へと。

部屋に入るや・否や、

爆睡して・しまいました。

今は午後の7時まえ。

ゆっくりシャワーでも・浴びて、

伊勢丹のデパ地下で求めた弁当を食べながら、

読書でもと。

明日からは・数日間、

早朝から深夜まで、戦争です。

今日は・ノンビリとゆきますか。

立山連峰を前に

折角の休養の積もりが、

習慣って・恐いですね。

朝食も・そこそこに、

宿を一路・新潟へ向けて出立したのです。

道中に通過する【立山連峰】を

無性に、

視界に入れたかったのです。

青春期から、

この連峰の山々を・何度・仰ぎ見たことか。

私にとっての【立山連峰】は、

決意して門を叩いた【歯科医学】と重なるのです。

そびえ立ち、眼前に立ちはだかる【神宿る山】。

青春期から、私にとっての歯科医学は、

そのような【畏れ多い聖域】だったのです。

最近、

父を亡くしました。

死の事実を伝えるメールが1つきり。

何処で、何故、通夜、葬儀の日程、場所は、

全く・知らされていません。

寝床でメールを見、

再び、

横になりました。

2週間ほどは、

消化できませんでした。

父の死の事実では・ありません。

親族への怒りです。

父は絵に描いたような【商家の三代目】でした。

そのような生活を横目で観ながら、

私は家業から脱離したのです。

私の離脱は、

いつかは【暖簾】を下ろすことを意味します。

父息子の男同士の【相剋】は、

命の取り合いに・発展します。

私は青春期前半に、

父と離反しました。

父は私にとってみれば、

反面教師でもありましたが、

この頃、

父の顔を毎日、何回も、

思い出すのです。

彼には・ああするしか・無かったのだと。

私の流儀とは、

全く相反し、会いまみれることは無い父の人生です。

でも、

私は父の生き方を否定できない気持ちに・なっています。

ご先祖様の御仏壇の過去帳に、

命日の日の頁に、

父の俗名、その父母の名前と続柄、

享年86歳と記しました・が、

戒名は書けて・いません。

知らないからです。

遺骨も埋葬されていないようです。

墓地は私が管理していますから。

この状況を身を以て・あじわい、

父が親族間で全く影響力がなく、

自分の意思も無視されてきた人生だったからこそ、

放蕩に走ったのだと・悟りました。

私の性格上、

良好な父息子の関係に修復は不可能だとは、

頭では・理解できているモノの、

私の器の未熟さも、

否が応でも、

昨今・しみじみと味わっています。

随分と昔のことになりますが、

馴染めない父を助手席に乗せて、

北陸道を走った機会が・ありました。

その際の、

父と交わした会話、

父の表情を、

思い出すのです。

立山連峰に冬は・ソコまで来ています。

私の人生を、

もう一度・見つめ直す今日・この頃です。

変で・あること

今日なんかは・ゆっくりと、

出勤すれば良いンですが、

いつものように。

その辺りが、

アスペルガーのアスペルガーたる所以なのかも・しれません。

今では・何にでも・病名がつく時代。

ひとと・少しでも違っていたら、

〇〇症候群って・病気ナンだとか。

私自身が、

個性派を自認するまで、

相当なる葛藤が・ありました。

自分は・変ナンじゃないか!って。

でも今では、

変な自分に・プライド持っています。

私にしか・できないことを、

社会貢献に繋げようと考えていますから。

月曜日からは・大学へ出勤です。

診療は午後の6時には・終わりますが、

ソコからが・長~い!

歯科の話しをしたい・後進たちって・多いンですよ。

模型やレントゲンを前に、

気がつけば、

大勢・集まってるんです。

気がつけば、

日付も変わって・と云うのが、

新潟での・毎日です。

【自分が元気になる1番の方法は、

他の誰かを元気にすることだ】

マーク・トウェインの言葉です。

休暇も大変

今日ラストは、

上顎洞底挙上手術とインプラント埋入手術。

午後6時からの・スタートです。

それまで、

根管治療、

修復治療、

休憩時間もとれないでしょう。

明日・土曜日は、

朝・お一方だけ・診察させて頂き、

早々に高松市を主発し、

徳島県脇町中央医院の井上医師のもとへ、

定期検査と、

風疹のワクチン接種。

私らの世代の男子、

具体的には47から56歳くらい・だったと思います。

風疹のワクチン接種を受けていないンです。

幼い頃の記憶なんか・判りませんし、

先日、井上医師に抗体検査をお願いし、

ヤッパリ !

真夏日の熱中症と、

真冬の風邪だけは・命取りと、

注意・注意で・過ごしている私としては、

ジイさんになって風疹で・死んじまった!

なんてこと・なりませんようにと。

で、

その後は、

土曜日、日曜とゆったりと時間をかけて、

北陸道を新潟へと。

月曜日からの来週の大学の仕事と兼ねて、

行きを静養に充てようと。

秋の立山連峰を仰ぎ見ながら。

途中、

金沢辺りの温泉宿にでも・泊まろうかしらん。

いつものような、

味気ないビジネスホテルの生活に、

チョッとだけ・嫌気がさしたのです。

ハッキリと・明言できますよ。

私は・バリバリと、

他人の10人分くらい・働いています。

ソレは、

苦痛では・ありません。

逆に・ありがとうございますと、

感謝の気持ちで・いっぱいです。

私の歯の技術が役に・たててる訳ですから。

でも、

私の生活のリズムを御覧にナったら、とてもジャネェよ!

絶対にできません!

そんな生活を・何十年も・送って来たんです。

秋の金沢、富山地方って、

物凄いンですって。

ロシア、中国、台湾などからの観光客と、

北陸新幹線の影響で、

週末の宿は・いっぱい・ナンだとか。

またもやビジネスホテルかって処で、

メーカーの方が気を配って下さいました。

キチンとした和風旅館、

先生のお目にかなう処、

おさえて・おきました!

おぉ!ありがとうございます。

旅館は一人客を敬遠しがち・です。

これも・一重に日頃の私の人徳でしょうね!

一席設けて下さるって・ありがたいご厚意を、

これは、丁重に丁重にご辞退させて頂き、

念のため、

宿に電話を入れて、

ヤッパリね!

会計も・ご厚意を頂いていたようですが、

宿の主人と・押し問答の末に、

カード決済を済ませて・ホッと。

しばらくしたら、

メーカーの営業部長さんから携帯電話。

先生、酷いジャないですか!

先生が支払い済ましたと・宿から慌てて連絡してきました。

あっしらの・顔をたちませんや!

此処いらは・あっしらの縄張りみたいな・モンですから。

なんか・ドッカの筋みたいな話しに、

吹き出しそうに・なりました。

歯科界には・人情味がまだまだ残ってるんですね。

ただ、

私は取引先やメーカーの、

その類のご厚意については、

丁重にお断りする流儀です。

患者さんへの・顔向けができませんから。

私の使う材料、機械、取引先は、

人間関係からではなく、

製品品質と企業倫理が、

選択基準です。

利益相反は断固・しない流儀な・モンで。

仲の良いメーカーの方も・多いですよ。

でも、

そういう接待は断固・ご辞退させて頂いています。

ソレに折角の休養です。

休養と言っても、

一晩だけですよ。

日曜日は、

朝から新潟市へ車を走らせて、

またもやいつものビジネスホテルの連泊ですもの。

で、

帰りは、

夕方まで診療です。

ソコから夜通し、

車で高松市まで帰るンです。

着いたら・直ぐに診療ナンです。

一晩の休養をとるって・ことは、

その・しっぺ返しが・必ず在るって・ことで。

ソレを長年・判っているから、

私は・なかなか休暇がとれないンです。