カテゴリー別アーカイブ: ただの日記

癒し

診療所の整理整頓度合いを熟知する患者さん皆から

必ず決まって問われます。

潔癖症の先生がよく犬の複数飼いできますね!

犬の毛が気にならないですか?

そう言われればそうなんですけど。

診療所は言わば私の戦場です。

診療所のドアを開けた瞬間から、

それこそ、

治療は勿論のこと、

棚の上の埃から、

トイレのゴミ箱の中まで、

潔癖でなければ気が済まないのです。

だからでしょうか?

帰宅したら、

この状態です。

癒されますでしょう?

ただ、

ずっと床の上をクイックルワイパーを手に

動き回っています。

でも、

犬たちと一緒に寝ていますから、

意味ないかもしれませんね。

 

心軽やかに

今日も今から手術なんですけど、

いつまで経っても、

メスを持つ前は緊張するモンです。

で、

書棚から古い文庫本が目に入り、

パラパラと頁を捲っていました。

白州正子女史の【ほんもの】

と云う文庫本です。

後ろ表紙が破れているほどに、

昔に買った本です。

元来、

女性蔑視では決してありませんが、

女性の書かれた文章を馴染めません。

ソレハ男とは違う匂いが文章に現れているからかもしれません。

が、

女史の文章に違和感を感じませんから、

私の思い違いかもしれません。

女史の認めたる文章に

心と脳髄が解れて、

リズム感ある手術手当てが出来そうです。

手術の後は、

ダイレクトボンディング修復です。

今日もいっぱい楽しめそうです。

未熟者

私は患者さんと長話するのが好きです。

わざわざ私を選んで下さった患者さんを

好きなのは、

人間が出来ていない私ですから、

当たり前かもしれません。

昨日の患者さんとは、

いっぱいお話ししました。

これから長いお付き合いになります。

まだまだ、いっぱいお話しを聞かせて頂けるでしょう。

人生の大先輩からのお話しは、

患者さんの大切な身体を与る医師にとって、

大きな大きな肥やしになるのです。

治療の後、

患者さんの御令嬢をお迎えにお越し頂きました。

私と同年の女性でした。

明確な方でした。

私はいっぺんで、

この御令嬢のファンになりました。

爽やかな人だなと。

治療には、

ご家族のご協力が必須です。

この御令嬢なら、

お母上を気遣って下さると、

安堵したのです。

と言いながら、

帰宅して、

疲れが吹き出しました。

患者さんの身体に優しい手術に努めたからでしょう。

マリリンの頭を撫で、

直ぐに床につきました。

で、

大寝坊!

9時半前まで眠っていたのです。

診療所に電話を入れて、

宮田君、寝坊しました!

直ぐに行きますから!

あぁ、未熟者は相変わらず。

 

果報者

今日、

患者さんは1人だけです。

本当はアポイントメントは6人入っていました。

今日診察する患者さんは79歳の女性です。

初診から1か月ほどの新しい患者さんです。

他医院にて大掛かりなインプラント治療をお受けになられていらっしゃいました。

が、

全て失敗!

修復物はブラブラしていました。

骨も歯肉も腐っていました。

今、

とにかく仮の修復物を大急ぎでと、

頑張って手当てしています。

しかし、

いくら仮と言えども、

その仮の修復物が基本になりますから、

そこが治療の肝心要です。

不整脈も認められます。

この患者さんの歯科治療への評価が、

私にかかっています。

今日の手順が大切な局面だと判断したのです。

で、

今日1日は、

この患者さんだけに集中したい。

そう考えたのです。

他の患者さんには正直にお伝えしました。

本当に歯でお困りの方に今日頂けませんか?と。

私の患者さんは皆さんが同じ経験をお持ちです。

ありがたい事に、

先生、どうぞ、どうぞ、

その方にお譲りしますと。

私は良い患者さんに恵まれた果報者です。

 

 

老いてこそ判るモノ

もう10年は普段の足として、

役にたってくれていた自動車を

入れ替えしました。

先の東北大震災の際には、

当地へと、

泣きながら向かった思い出深い車です。

ただ、

コンピューター部品が多く

修繕を私の手には負えません。

泣く泣く手放す事になったのです。

私はモノを長く使うのが好きです。

ですから、

知人へと、

養子に出すことにしたのです。

最近の自動車を私は良く知りません。

それで、

息子に選んで貰いました。

息子が選んだ自動車は同じBMWの7シリーズでした。

ベントレーでも選んだ際にはどうしよう!

そんな心配を余所に

ハイテク化されつつある、

家電製品化されつつある

昨今の自動車についてゆけない父親に

無難な選択したようです。

父ちゃんはトロくなったからねと。

危ないからデカイ普通のセダンが良いよと。

ベンツのSクラスは、

ボタン、スイッチの類いが父ちゃんには無理!

同じ装備ならBMWの方が安いからねと、

私の懐も考えてくれた模様。

納車した車を息子に数日の間、

使って貰い、

1日かけて、

スイッチ、ボタンの類いを教えて貰いました。

が、

帰宅して、

全く判りません。

息子に電話で聞くこと数十回。

私は根っからのアナログ人間です。

歯の治療においても、

ハイテクデータベースよりも、

昔ながらの機械化された機具を大切に、

そして、

患者さん自身の身体の細かな変化を

見逃さないハンターのような眼を

重要視しています。

一見便利そうに見える新しいモノを

私は信じられないのです。

 

臨床医の使命

私の診療所は、

広さだけは60坪もあるのですが、

診療台は歯科用に1台と手術台のみと云う

小規模ですので、

1日に診察できる患者さんの数は

たかがシレテいます。

何でそんなに広さが要るのか?

そう感じられることでしょう。

私なりの理想像を求めた結果、

今に至ったのです。

難症例の宝庫と言われているそうです。

業界人曰く。

私ん処は、

患者さんの求める処が高いのだそうな。

が、

私はそうは思いません。

私が患者さんの立場であれば、

当たり前ですから。

それでも、

新しい患者さんが増えて、増えて。

ただ、

午前の10時からの診察で、

夕刻は18時には、

診察は終了しています。

歯科治療は精密仕事です。

遅くまで、

技術者の根気が続く筈はありません。

治療の合格点を担保保証するに、

今の形態に至ったのです。

それでも、

本当に歯でお困りの方が絶えないのでしょう。

お昼の休憩時間もとれません。

それが臨床医の使命だと思っています。

今日、

患者さんの治療の立ち会いに

歯科技工士さんがお越しになられていました。

患者さん、歯科技工士さん、スタッフ、

そして私と、

あれやこれやと、

見映えと噛み心地のチェックをしていました。

噛み合わせは合格点。

見映えも善し。

で、

それ以上の

美しさと自然さをと、

手当てしていて、

そんな中、

歯科技工士さんが私に問うたのです。

そこまでして何が変わるんです?

ソレハ単に自己満足やな。

と、答えたら、

患者さんが笑っておられました。

だって、

家に帰ってから、

気分が良いじゃない?

そういうモンじゃないですか?

仕事って。

私の願い

私の世代で3代目と云うのが普通?である

歯科業界です。

その様ななか、

歯科医師としての初代で、

一から築いたからでしょうか?

とにかく、

工夫に工夫を重ねて来ました。

立地とか、

新しい技術の導入や、

最新の医療機具を揃えた処で、

患者さんの支持が常に維持できる程、

甘い世界ではありません。

其れは他の業界と全く同じです。

ただ、

ある範囲内の方々と云う的を絞って、

私は自己主張して来ました。

具体的には、

歯を本当に大切に考えて下さる方々に

私のコダワリを発揮しています。

歯を本当に大切にして下さる方々の

これまたコダワリと、

満足感を得ることは、

ソレハ此方も

必死に歯に向き合わねばなりません。

ですから、

無我夢中の四半世紀だったと思います。

まだまだ私は未熟です。

名医であるとは思いません。

ただ、

誠実な歯科医師であることだけは、

頭のど真ん中に置いて、

日々を過ごしています。

ですから、

煩い頑固な歯科医師でしょう。

最近のニュースで、

自動車を煽って大きな事故を起こした男性が

問題になっておられますね。

私自身も、

同じように、

煽られた経験が在ります。

余裕のない人が増えたのでしょう。

私の診療所の中においてだけは、

ゆっくりと、

本音で、

歯を通じて、

健康と向き合って頂きたいと、

それが、

私の心底からの願いです。

 

 

 

私の日常

思い出して下さい。

この症例です。

インプラントの埋める位置の誤差にて、

可哀想な状況です。

インプラント、審美って流行りですが、

これでは審美とは言えません。

骨の無い処に、

無理やりインプラントを入れてるんですね。

インプラントするためだけの

歯科治療になっています。

悲しいですね。

当然、インプラントは撤去です。

インプラントの位置は、

歯の生えている本来の位置に無いことが

良く判りますね。

歯肉が大きく陥没しています。

この症例は本来はインプラントの症例ではありません。

ブリッジの症例です。

現状、

インプラントを撤去した部分には大きく骨が欠損しています。

この部分に骨を補う必要が在りますが、

移植材を完全にカバーする歯肉が全く足りません。

で予め、

歯肉移植を行って、

充分な歯肉の量を

前もって、

歯周外科にて造ったおきます。

仮のブリッジを入れた状態です。

ブリッジを外すと、

大きな陥没がお分かりになられると思います。

隣あった歯に接した歯肉が盛り上げっているのは、

手術の際に苦労して、

無理やり造った形態です。

ブリッジが入った際に、

歯と歯の間に、

歯肉が自然な形で充たしてくれるようにするためです。

で、

骨の造成の手術です。

隣あった歯の表面を被う骨も薄いですよ。

こんなに骨が薄いんです。

骨補填材が骨の幅の半分以上に達していますね。

両隣の歯の表面も、

補填材で被い、

移行的になるように、

補填材を追加します。

で、

吸収性の膜にて、

補填材をカバーします。

で、

縫合。

その後、

飛行機にて上京したのです。

帰宅したのは昨日の午後10時前でした。

 

師匠と不肖の弟子

週末の都内での一幕です。

師匠である内藤正裕先生です。

青年期から今日に至るまで、

師匠が私の支えで在りました。

頑張り処、

踏ん張り処の、

最後の最後の徳俵的な存在の必要性に迫られた際に、

師匠の生き方が、

私の力の源となり、

戦う力が湧き出てきたように思います。

いつまで経っても、

私は不肖の弟子の見本です。

夜、

食事の際に、

スマホから、

あるモノを見せて下さいました。

三枝君、

俺が1番好きな絵なんだよな!

 

ラ.トゥールの代表作である【大工のヨゼフ】です。

数ある絵画の中から、

この1枚を選んだ師匠の生きた軌跡を

私は気づいたのです。

 

 

歯周病の治療は縺れた糸を解すように

歯周病に罹患しているにも関わらず、

修復処置を行うと、

ご覧の通り。

患者さんから歯科医学への

信頼を失うことになります。

旧修復物を外し、

歯茎が喜ぶ環境を整備しなければなりません。

先般、

ブリッジの土台となる大切な歯に

亀裂が見つかりました。

抜歯になります。

しかし、

周囲の歯肉の環境が抜くには

まだ整っていません。

で、

周囲の歯肉に対して、

歯周外科を行い、

仮の歯を装着しました。

今日の状態です。

今まさに歯茎は熟成の最中に在ります。

問題の歯は抜歯しました。

薄く茶色に染色液に染まっている

歯の長径のど真ん中を走る筋が、

亀裂線です。

根の先のブヨブヨした組織は、

亀裂から感染した肉芽組織です。

今日はこのような状態に手当てして治療を終えました。

後は、

歯肉の完全熟成を待たねば、

次のステップには進めません。

治りきるまで、

ジッと待つ。

コレが大切なのです。