日別アーカイブ: 2017年8月26日

私からの誠意

ブログを頻繁に更新するのも

結構と大変なのですよ。

患者さんもズット詰まってますから。

患者さんが次回の予約を決めておられる間とか、

セメントが固まる間とか、

レントゲンの現像待ちなどの

寸間に、

細切れで綴っているのです。

何故って、

こんな私でもファンが居て下さるからです。

日頃から私は山本五十六元帥を尊敬しています。

生きるも、

元帥のように朗らかで、

でも、

筋目だけは周囲に角がたっても貫き通す。

ロマンチストであり、

大バクチも打つ度胸を持つ。

でも、

戦略は繊細で。

死に方も、

私は元帥を模範とする者です。

こんな馬鹿くさい人間でも、

応援して下さる方々が居られるから、

私はメッセージを送り続けるのです。

キッズプティの店じまい

東北大震災の年でした。

診療所の1階部分にて、

家人が子供服の店を始めたのは。

店の名前は私がつけました。

新潟に若い時分からの行き付けの良い店が在りましてね、

ズッと長く続いて欲しいとの願いを込めて、

その店の名前のプティにあやかったのです。

家人ですか?

娘たちも幼かったからですから、

娘の成長と平行した品創りして、

楽しそうでした。

でも、

上の娘も中学へとあがり、

下の二人も、

もう小学校の高学年ですよ。

母親役って大変ですから。

また、

私の診療所もお陰様で忙しく、

スタッフの宮田君も結婚され、

出産ってメデタイ日も近いでしょう。

宮田君はズット居てくれるそうですが、

雇い主の私としては、

補助する人が必要です。

宮田君のような人は滅多に居りませんから。

これは無理やり、

家人に泣いて貰うしかありません。

普段は恐い家人ですが、

歯科医院が家業ですから。

また、

上の娘の学校の用事で、

学校の在る岡山県まで頻繁にゆく環境になりました。

しょっちゅう店を休みにするのは

家人的にも心を傷めたんでしょう。

娘たちの世話が出来るのも

もうあと僅かですから。

それと、

私が疲れているのに、

気を配ってくれたんでしょうね。

ありがたいと感謝しています。

家人は最近では、

リボン造りに凝ってましてね。

リボンの講習会を始めたようです。

私には歯科医学っていう生き甲斐が在ります。

家人にも生き甲斐を見つけて欲しいですね。

年の差から言って、

私の方が絶対に先に逝きますから。

独りで生きるのは楽じゃないですよ。

いくら私が見守っていても、

私の声は届きませんから。

多くの方々が、

家人を可愛がって下さり

ありがとうございました。

成り代わって、

心より御礼申し上げます。

アレは、

いったい何で?なのでしょう?

息子なんかもそうなんですが。

いくらシツコク言っても

聞いているのか?いないのか?

で、

しまいには、

コチラが怒られると云う。

最近では常識も変わって来ました。

私の若い時分の普通が、

今では非常識。

昔の異常が今では普通なんてこと

よく在る話しですもの。

ただ身近な人間には、

人の道だけはシッカリと

教えておくのが大人の責任です。

が、

煩い親父に言われると

腹もたつし、

逆ゆくんでしょうね。

生きているうちは判らないのかも。

死んだ親父の顔観て、

初めて、

気づくんでしょうね。

でも私からすれば、

判れば良いんです。

判れば、

シッカリと、

私の道が引き継がれますから。

ミサ

本当に1週間の過ぎるのが速いこと。

明日も早朝から高速道路を駆け走り、

岡山県笠岡市の教会へと。

私はカトリックです。

主はあなたと共におられます。

ミサに参加することで、

気持ちの汚泥が消えるのが

私が教会へと通う動機です。

穏やかに、

穏やかにと、

念じるからです。