科学の限界

人の身体をバラバラに小刻みにしてゆくと、

アミノ酸の集合体になります。

でも、

アミノ酸を組み立てても、

絶対に人体を造れません。

ここに科学の限界が・あります。

決して眼には見えないのだけれども、

絶対に存在するモノがあります。

ソレは、

心です。

ここにも、

科学の限界が・あります。

私たち医療職に就く者は、

科学的根拠を持つと同時に、

この科学の限界を肌感覚で感じながら、

診断を下さねば・なりませんし、

また、

5感を常日頃・磨くことで、

初めて得られる第6感の持つ、

大きな意味を感じ取る必要が・あるのです。

それらが、

入れ歯の噛み心地の違いとして表れたり、

ダイレクトボンディング修復の形として、

見えるンだと思います。