子ども心

私の診療所へ始めてお越しになられた〇〇さん。

ガチガチに緊張されておられます。

どうしたの?

ものすごく・見た事のない診療所なので、

もう・ビックリして。

場違いな気持ちで、

緊張します。

と。

おう・そうかぃ・そうかい。

でも、

椅子をズラッと並んだ中で、

歯の悩みを話し・できるのかぃ?

みんなの中で、

私が、アッチ・コッチ、

動き回る中で、

歯の治療して欲しいの?

すると、

ソレは嫌です!

即答です。

でしょっ?

だから・こういうスタイルになったの。

ソレと、

私は育ちが良いモンで、

こういう雰囲気の中で、

気持ち良く治療したいんでね。

こういうキザな台詞を、

私は何とも思わず発します。

だって私は・そうですもの。

女性の患者さんにも、

私は平気で言いますよ!

綺麗で・いてねって。

だって私の患者さんですもの。

医師と患者さんとの関係って、

相性が合う・合わないって、

絶対に・あるんです。

ソレは初対面の一瞬で・判りますね。

この〇〇さん、

私は好きですね。

私との関わりから、

歯を大切にして下さることが、

感じとれましたから。

時々、

私が電話を取る時があります。

時々ですが。

そういう際には、

勝負速いデスね。

電話口からの印象で、

私は門を閉じるか、

大きく開くのか、

決まるンだもの。

気儘な歯医者でしょっ?

私の患者さんは・みんなご存知ですよ。

私は子どもと・同じだって。

歯を触っている時の私は、

子ども心に帰っていますから。

でも、

良い細工しますよ。

どうだぃ!

そういう気持ちって、

大切ナンじゃないですか?