待合室の書籍

気がつけば、

この頃、

毎日、

書店へ行って・います。

で、

背表紙を観ては、

頁を捲り、

また・元の場所へ戻すの、

繰り返し。

結局は、

何冊かは、

買い物籠の中に・入るんですが。

私の診療所には、

個室の待合室が2部屋・あります。

患者さんを長時間、

お待たせすることは・ありません。

が、

小さなテーブルの上に、

私の選んだ書籍を数冊。

タイトルが患者さんの視界に入った瞬間が、

勝負だと・思っています。

粋で・気の利いた書籍で・なければなりません。

家庭画報、

婦人公論は、

良い編集部が良く創っておられますが、

私の診療所の待合室には、

不向きです。

私の診療所の至る所には、

私の自己主張が・なければ・なりませんので。

こういう処って、

凄く大切なんです。