原点の日

明日の2月11日。

私にとっては、

生涯・忘れられない記念日・なんです。

昭和56年の・この日、

正午から合格発表ということで、

新宿発の総武線に、

飯田橋に向かって乗車していたのです。

満員電車でした。

吊革にぶら下がり、

隣人が器用に折りたたんで読む新聞の号外に、

私も文字を追っていたのです。

市川房枝女史の訃報を報せる号外でした。

本当に、

良く記憶しているものですね。

押し出されるように・ホームへと出でて、

走るように・改札口を、

で、

富士見坂を駆け足で・登って行ったのです。

今では立派なビルに様変わりした、

当時の大学の車寄せの下の小さな広場に、

合格発表が張り出される瞬間を、

今でも鮮明に覚えています。

この日が、

私の歯科医師としての、

第1歩と・なった訳です。

今生天皇陛下のお誕生日と・同じ日の誕生日ですから、

早生まれの私、17歳の早い春の訪れ・でした。

あれから40年も・経過しました。

よもや、

母校の教壇にたつ立場になろうとは、

当時では、

思いもよらない事でした。

出来ることならば、

あと40年、

歯の仕事を続けさせて・頂きたい。

一生懸命に、

患者さんに寄り添いたいと。