三枝デンタルオフィスのホスピタリティ

良い歯科医師になりたくて、

無我夢中であった、

40年。

その私が、

日本歯科大学の門を叩いた・あの日から、

40年。

身体の隅々まで、

染み込んだ・考え方。

それは、

医療と看護は・両輪の車輪。

もしかしたら、

医師の仕事のほとんどは、

看護の中の・通過点なのかも・しれません。

看護の「看」という文字は、

「手」と・「目」という文字が・組み合わさって・います。

看護の原点は、

【温かい手の温もり】と【まなざし】なんです。

その・温もりによって、

人の心は癒され、満たされるのです。

その・看護の心という無限大の宇宙空間で、

病気と闘う戦士が、

私ら医師かも・しれません。

が、

いつ頃からか、

歯科医師が歯科医師らしく・なくなった・

そんな気がするのは・私だけでしょうか?

何を目標として、

何のために、

人の身体にメスを持てるのでしょうか。

物質的豊かさ・ばかり追従した結果、

本来であれば、

頼るべきは、

医師の目と度胸で、

鍛えるべきは、

己の未熟さと・向かい合うこと。

ソレから逃げて、

あげくの果てには、

他人のせいにし、

稚拙で・陳腐な医師力を、

機械に頼る・情けない昨今の体制。

私は・シガナイ四国の歯科医師でしか・ありません。

でも、

東京から、

どうして大勢、

診療にお越しになられるのでしょう。

一部の同業の方には、

判らないと・思いますよ。

訳を言いましょうか。

それは、

国家資格をお持ちな・だけで、

人としての・優しさや、

器が小さい・ですよ。

患者さんへは、

私らも、

裸になって、

治って貰いたいという気持ちでの、

医療人でないと。