祈りの人

困った時の・神頼み、

という言葉が・あります。

受験なり、

仕事での受注希望だったり、

家族や自分の健康上の事だったり、

果ては、

人間関係だったり。

人の欲望に際限は・ありません。

望めば・望むほどに、

人は、

四方八方に助言を求めたり、

最後は、

神仏から・ご先祖様も、

総動員してまでも、

祈ります。

かく言う私も・そうでした。

しかし、

人生は・甘くは・ありません。

祈りの甲斐なく・という結末も、

何度となく経験して今日に・至っています。

で、

未だ未熟な私ですが、

私なりに・肝にストンと、

落ちた心境が、

ある人を見ていて、

生じたのです。

祈りは唱えるのではなく、

祈りの人になる。

その・ような心境の変化を、

確かに・感じとったのです。

信仰を持つという行為・そのものを、

変な奴と、

非科学的な根拠に、

蔑まれる機会を、

この国では、

頻繁に経験します。

私からすれば、

非科学的な、

それとも、

科学とは無縁の人こそ、

信仰を否定する傾向がある・と判断していますが。

祈りとは、

念仏・お経を唱える行為では・ありません。

祈りとは、

祈願する心でも・ありません。

自分を捨てて、

人に尽くすことこそ・祈りだと・考えています。

仕事で頑張るのは・当たり前。

目標に向かって頑張るのも・当たり前。

でも、

バランスよく、

全てを要領よく、

上手くこなすことなど、

人には到底・無理な夢でしか・ありません。

ということも、

この歳になると、

納得できるように・なりました。

それでは、

1つの路など、

極めることなど、

持たぬ方が、

幸せな人生に違いありません。

ソレでは、

幸せな・人生って、

何でしょう?

私にも・判りません。

言えますことは、

祈りの人になる時分を創る事では・ないでしょうか?