歯科治療は手先が勝負

根管治療を求めて、

お越しになられる【新患】の方が・多いんです。

できれば、

誰か・さんに、

手当てして頂く【前】に、

診せて下さい。

根管の中を、

天然・自然のままに、

傷まぬように・手当てしたいからです。

歯髄炎で激しい痛みが在る時でも、

症例によっては、

部分的に、

壊死していない・

生活力豊かな・生きた歯髄が、

マイクロスコープ視野で、

シッカリと・確認できます。

このような症例は、

生きた歯髄は・完全に保存できます。

私は歯科医師です。

医師が言いますか?

今回は殺した方が良いでしょう・と。

生かす・治すのが、医師の仕事です。

無論、

一生懸命・手当てしても、

その甲斐なく・という場合もあります。

それは、

寿命なのでしょう。

でも、

安易に、

【歯】を殺し過ぎて・いませんか?

歯を助けて・あげましょうよ。

だから、

根管が誰か・さんに、

触れられる・前に、

見せて欲しいんです。

歯科医師は、

指先勝負ナンですよ。

かく言う私に、

反発心を持たれる歯科医師が・多いことも、

私は十分に・認識しています。

反発心など・お持ちになられる前に、

日頃から、

仕事が終わってからの、

2時間で・構いません。

歯の彫刻なり、

小さな折り紙を切って作って、

爪楊枝2本を、

自分の手先だと思って、

トレーニングしてみて・下さい。

3年も経つと、

キッと、

歯科治療に対する考え方が、

激変してくると・思います。