仕事

大学を卒業して数年間、

当時は、

新米医師が・徹夜ってのは、

いたって・普通だったんです。

この時期に、

どれだけの【場数】を踏むのかが・

医師としての・足腰を鍛えるからです。

研究も・しなければなりませんし。

もっと多忙な諸先輩方から、

学ぶべき処は、

学問だけでなく、

医療職の厳しさでも・ありましたから。

しかし、

残念ながら、

昔のように、

連日の徹夜ってのは、

年齢的に無理に・なりました。

昨日も、

ついつい、

事務室のソファーで、

チョッと横になってと。

休憩の積もりが、

数時間は、

セントバーナードの仔イヌの【お春】を抱いて、

眠っていた・ようです。

慌てて・起きて、

技工室へと・舞い戻る。

若い時分から、

こういう処は・相変わらず。

私の出勤は、

定刻の7時30分です。

診療は10時からですが、

ソレなりの・準備ってモノが・あるんです。

変哲の無い・決まりきった日々の連続を過ごす私の姿を、

家族は、

つまらん人生だと・思っているかも・しれません。

そもそも、

歯科医師って仕事を、

つまらん仕事って、

思っていると・思いますよ。

仕事に就くということは、

縁であったり、

夢を叶えた結果であったり、

嫌々も・あるかもしれませんし、

考えもせず・ただ親の跡を継いだってのも・ありますし。

理由は・いろいろ・ですが、

ナンにせよ、

地道に、

誠実に、

で、

工夫しながら、

続けてゆく我慢をする。

そういう姿勢が・大切なんじゃないかって、思います。

自分に向いた仕事って、

本当に・あるんでしょうか?

天才でもない限り、

ほぼ大半の人に、

天職など・無いんじゃ・ないかって・思っています。

自分探しの旅・という言葉を・頻繁に耳にする昨今です。

口の悪い私は、

死ぬまで、自分探しの旅をしていなさい。

で、

結局は、

他人を羨む結末を迎えるだろうと。

あるいは、

自分を騙して・騙して・生きる事になるんです。

自分探しの旅に出る前に、

辛抱の無い自分を大いに反省して、

限られた環境の中で、

小さな工夫から、

始めて欲しいと・思います。

丁寧に・丁寧に、

必ず、

将来・良かったと、

お日様を仰げる日が来るでしょうから。