乳房

何年かぶりに、

伊集院静氏の単行本である【乳房】を、

再び、

書棚から・取り出したのです。

最近、

氏は、大きな病から、

無事に回復方向に向かわれている・とのこと。

心から、

ご回復を・お祈りしつつ、

最近の氏の著作から、

キャパシティを越した・仕事が原因ではと、

案じつつ、

鏡を通して、

自分の姿を見つめ直そうと。

この、

 

【乳房】という短編集が、

私は1番・好きです。

本当の彼は、

この本の中に在る【彩】を、

噛みしめて・生きている・真面目な男だと・思います。

自然と、

涙が・頬を流れる、

そんな文章を書ける人って、

人生を・踏みしめて生きてきた証し・ナノでしょう。