メタルクラウン修復

昨日は、

診療を早仕舞いし、

徳島県の脇町中央医院の井上医師の・もとへ出向き、

定期検診を。

一昨年前から開始した、

私の体質改善も・順調に推移しているようです。

体重も・生涯で最高数値を示し、

体内年齢は・ナンと32歳だそうな!

井上医師から、

日ごろの・私の努力に対して、

お誉め頂き、

大いに満足し、

帰路、

ハンドルを握りながら、

ハイチュウを食べていたら、

?????

ガリっと。

コレだったの・です。

私が20歳の年に、

現在、日本歯科大学の歯科保存学第2講座の新海教授が、

まだ新米歯科医師だった頃に、

治療して頂いた・メタルクラウン修復です。

37年の間に、

歯冠形態は、

磨耗し、

真っ平ら!

金属に・穴まで・空いてしまっています。

歯科医学を学ぶ・学徒であった私が、

歯科医師となり、

一気呵成に・駆け走った37年。

食いしばって、

過ごしてきた年月を、

この歯が・支えてくれた訳です。

私がメタルクラウンを好む・訳が、

此処に・在ります。

セラミッククラウンであれば、

とうの昔に、

割れる・欠ける、

と言った事に・なっていたでしょう。

磨り減らないと言われる?ジルコニア。

歯は・磨耗しながら、

挺出し、

近心移動するのが、

生理学的な原理原則です。

ソレを肌感覚で・判っているから、

私は、ジルコニアが嫌いです。

それにしても、

新海教授は・良い・お仕事をなさったと。