名医を偲び・そして後進を応援する

私の青春期。

いっぱい・遊びました。

でも、

いっぱい・勉強も・しました。

当時の開業歯科医師には、

大勢の【筋金入り】が・群雄割拠していました。

職人であり・医者である・ホンモノの【歯医者】に、

憧れを持って、

巨星たちの著作に・夢中になったモノでした。

その中の・お一人が、

広島県尾道市で御開業の中尾先生でした。

私が30歳くらいだったと・思います。

何人かの患者さんを、

中尾先生に・お願いしたのです。

私が他の歯科医師に、

患者さんをお願いする基準は・幾つか在りますが、

決定的な決め手は、

器用な手先、

優れた美的感覚、

人間愛、

歯科医学への情熱、

この4点に・限ります。

単に・知り合いだから、

友人だから・という理由で、

患者さんを・お願いした事はありません。

中尾先生にお願いするたびに、

丁寧な・解説を頂いた事を・鮮明に覚えています。

私は中尾先生に・会った事はありません。

ソレでも、

先生の哲学は、

著作を繰り返し拝読する事で、

私なりに・消化していたのだと・思います。

先般、

広島県へと転勤される患者さんが・居られました。

で、

直ぐに、

私の口から出た・歯科医師の名前は、

中尾先生でした。

ある時、

その患者さんから・問われたのです。

ホームページにて、

中尾先生の診療所らしき処を見つけたのですが、

女性の院長先生だったと。

私の30代と云えば、

レイモンド・キム先生、

本多正弘先生、

内藤正裕先生、

伊藤雄策先生、

この巨星たちの中で、

揉んで・揉まれて・といった時代でした。

その勢いを得て、

一気呵成に駆け走って、

57歳に・至りました。

中尾先生との・縁が、途切れていたのです。

が、

常に、

中尾先生の存在は、

私の頭の中にズシリと・刻まれていましたが。

数日間・悩んだんです。

中尾先生は・どうしたらンだろう?と。

で、

直ぐに電話をかけたノです。

受付嬢に、

私は香川県高松市で開業しております三枝と申します。

私は現在、57歳に・なりますが、

今から30年近く前に、

先生にお世話に・なった者です。

そりゃ・受付嬢・困りますよね!

当然、

院長先生は治療中ですから。

私の携帯電話の番号をお伝えし、

改めて・お電話を頂く事に。

そんな、

私の携帯電話に着信履歴が残って、

コチラから・かけ直し、

で、

また、

私の携帯電話に着信履歴という繰り返し。

夜、

自宅にて犬たちと遊んでいた処、

やっと、

お互いが・繋がったという塩梅。

女性の声でした。

中尾先生の御令嬢との事。

で、

お電話を頂いた時に、

直ぐに三枝先生と・判っていました・と。

なぜっ???

と・問う私に、

父から生前、三枝先生のことを・聞いていました・と。

!!!!

残念ながら・中尾先生は67歳の年に、

病にて・天に召されたとの事でした。

御令嬢と・いっぱい・お話し・しました。

あの中国地方の巨星の御令嬢。

その看板を・引き継ぐ事は、

大変な重圧下に在る事は・容易に理解できます。

私は歯科医学を愛する人が・好きです。

会話の中に、

巨星の大いなるDNAを立派に・引き継がれている事が、

ヒシヒシと・伝わって・きました。

コロナウィルス騒動が終息・収束したら、

御仏前に手を合わせる事を・お約束して、

電話を切りました。

今日、

少しばかり・時間ができました際に、

仏具店へと出向き、

お線香を求め、

診療所にて、

自分で・包装し、

宅配便に託したのです。

一般の方には・理解できないかも・しれません。

が、

歯科医学を愛する者は、

天に召されても、

歯科医学を愛する者の記憶から・消えません。

血の繋がりなど・無くても、

会った事が・無くても、

歯科医学を愛する者は、

旧知の間柄より、

互いを判り合えるノです。

ここに、

歯科医学の魅力が・在るのです。

中尾先生の臨床。

一言で表しますと、

一輪挿しの美学が・在りました。

先生のご冥福を・心からお祈り申し上げつつ、

引き継がれし・新たなる院長先生に、

どうぞ【歯科医学の王道】を歩まれますようにと、

エールを贈るノです。