歯科修復治療の基本の【き】

歯科治療を行うに際して、

患者さんから・求められる部分だけに、

眼をとられていたら、

あとから・大きなトラブルを招く事が・あります。

噛みにくい・

なんか・噛めない・

顎が痛い・

セラミックが直ぐに割れる・欠ける・

歯が痛い・

などなど、

そのトラブルは、

その患者さんに潜んだ・問題点によって、

さまざま・です。

ですから、

治療に着手する前に、

徹底的な【診査】が・必要ナンです。

パナデント咬合器による、

噛み合わせの診査です。

初診の患者さんの口腔内には、

ほとんどの場合、

歯科医師の手が・介入しています。

その治療過程を・私は見ていません。

ですから、

私自身の眼で、

客観的な評価を行う必要が・あります。

また、

私自身の治療においても、

修復治療の・さまざまな過程で、

この【再評価】作業を・行います。

微妙な・狂い・ズレ・誤差に、

私が気づいていないかも・しれないから・です。

治療に際して、

注意深く・

自分を・他人の眼で確認するような・冷静さ。

ここに歯科治療の【基本】が・あります。