嬉しかったです

今日、

70歳を過ぎた女性のメンテナンスの

アポイントメントが入っていました。

私の記憶では、

高齢者の患者さんのメンテナンスは、

診療所への道中での、

コロナウィルス感染を警戒して、

私から・連絡あるまで・延期しましょう!

と・記憶していました。

はて?

で、

今朝、

お元気そうに・階段を上がって来られる彼女に、

大丈夫?

生きてました?

そんな会話の中、

初めは・全然・気づきませンでした!

個室の待合室から、

診療所の体系を・再認識したんです。

先生・こういう事態を予想して、

診療されてたんだと。

今頃・やっと・納得できました。

先生ところは・絶対に・安心だと。

私の表情が・グシャグシャになったのは、

言うまでも・ありません。

口腔全体の健康が・身体の健康の水際関所。

口腔全体の様相は・全身状態のバロメーター。

そういうポリシーで、

歯科治療に勤しんで・きましたから。

嬉しかったです。