情熱

もう1度、

行ってみたいンですが、

正確な所在を・忘れてしまいました。

兵庫県の赤穂市付近だったと、

うろ覚えナンです。

阿弥陀堂です。

夕暮れ時に、

お堂の中央に・鎮座されておられる阿弥陀如来さまに、

傾く太陽の光が放散し、

その光景が、

まるで【極楽】を・顕しているようで、

感動したんです。

今、

なんで・こんな事を思い出したのか・判りません。

が、

おそらく、

エネルギーの話題を、

弟子との会話で・気づいたからでしょう。

私ら・医療職は、

身体全体から・圧倒的なエネルギーを放散しなければ・なりません。

臨床医としての【情熱】でしょうか。

既に・初老の領域にドップリと、

浸漬した私ですが、

40代の同業に対しての・脅威は、

全く・ありません。

逆に、

さぁ・いつでも・挑んで来いよ!

抑え込んで・やるぞ!

と、

リングに立つ・ボクサーの気構えで、

私は診療所に立って・います。

弟子たちに対しては、

惜しみなく、

経験から得た【技】を、

披露する事を・当たり前だと・思っています。

が、

弟子でなければ、

誰で在れ、

同業であれば、

競合相手ですから、

私らも・人気稼業ですので、

【技量力】が・全てナンです。

とにも・かくにも、

【腕】が・全てですから。

繊細な・仕事ナンですが、

やはり、

圧倒的なパワーが、

モノを云うんじゃない・でしょうか。