世間をよそ目に

なんせ・初めての事ですから、

その対応策が・適切で効果的で・あるのか・判りませんから、

あえて、

私は・云々・申し上げる立場には・ありません。

次々と、

不要不急の外出を控える自粛の解除が・始まりました。

暖かな陽射しと伴に、

街に大勢の・人の群れが、

雪崩れ込んで、

そんな風に・感じています。

が、

私の診療所は、

依然、

戒厳令を継続しています。

ただ、

物々しい・メディア目線での、

パフォーマンス性を重視しただけの、

隙間だらけの・感染防止対策は、

私の診療所は・無意味と・考えています。

三枝デンタルオフィスの体制は、

絶対に・真似のできない私の真理です。

医師、歯科医師、看護士、薬剤師、歯科技工士などの・医療職の方が、

安心して・治療にお越しになられる事からも、

私の診療所の絶対的安定感は・実証されていると・

そう胸を張っています。

【さり気なく】という心遣いが・勝負処です。

この間、

県内の歯科医院の診療風景を・背景しました。

患者さんから、

YouTubeって・云うんですか?

見せて頂いたんです。

だだっ広い診療室に、

沢山の診療チェア-が・並んでいました。

ディスポーザブルの手術用ガウンと帽子・マスクで、

完全武装した・大勢のスタッフたちが、

忙しなく・診療室を動き回っています。

何を見せたいのか・判りませんが、

問診票が・アップで・公開されていました。

これだから、

医師から・歯科は・馬鹿にされるんだ・という見本。

そもそもの・ウィルスという生物を・認識されておられない。

ダダ漏れの・感染防止対策。

野心的な歯科開業医は、

私に・意識的に・注意を払っていることを、

無論、

織り込み済みで、

自覚しています。

でもね、

絶対に・無理ですよ。

見る視点が・間違っていますもの。

弟子たちには、

詳しく・指導していますから、

その辺りは、

彼らの診療室の特徴と協調しつつ、

三枝デンタルオフィスの感染防止対策は・浸透しています。

弟子たちにとっての私は、

絶対的王者で・なければ・なりません。

落ち度が・在っては・ならないンです。

ソレでいて、

絶対的な品格ある歯科医院で在らねば・なりません。

そう意識し、

私は診療所を・運営しています。

凄まじい・エネルギーを要しますよ。

でも、

だからこそ、

【本当に・困った時の歯科医院】で・居られるンです。

夜の8時に、

新潟市で開業する歯科技工士さんから、

お電話を頂く約束して・いたんです。

が、

ヤバイ!

ついつい・眠ってしまい、

風呂にも入らず、

気づいたら、

夜中の2時半です。

申し訳ないという気持ちで。

でも、

この数ヶ月、

相当・気が張っていたんです。

コロナウィルスは・まだまだ・静かに・活動を止めていません。

今、

油断するのは、

全てを失う・前兆となるでしょう。

私は・感染者数動向よりも、

ウィルスの本体の解明状況を重視しています。

その上で、

次々と、

対応してゆく・積もりです。