オールセラミッククラウンが綺麗な訳・じゃない!

 

可哀想な・歯肉です。

こういうのを、

歯肉が・泣いている・って・云うンですよ。

無謀な歯科医師と・歯科技工士の生んだ・破壊の結末。

素材は、

ジルコニアとセラミックでした。

製法は、

ジルコニアのフレームに・セラミックを盛り上げ・焼成したモノ。

全く・製法に問題は・ありません。

ソレならば、

何故・こんなに汚い修復結果に・至ったの?

知識不足と・稚拙な技術の集大成と・云えましょう。

本当に、

歯科技工士が・製作したのでしょうか?

全く・歯の基本的な解剖学的形態を知らない・人であるのが、

明白ですよ。

色調再現方法も・プロの仕事とは・云えません。

免許を持つ人は、

ソレなりの、

最低限の知識は・在ろうかとは・思うんですが、

この製作者は、

仕事を代えた方が、

世の中の・ためでしょう。

で、

汚いモノは・外して、

歯科医師の仕事を拝見・しましょう。

どこで、

歯科医学を・学ばれたのでしょうね?

修復治療の前準備が・全くありません。

これでは、

歯科技工士の選別眼は、

持って居られないでしょう。

悲しいですよね。

歯科医療全般が、

信用なくす・じゃないですか!

ここから、

健康美を・取り戻す作業、

とっても・大変ナンですよ!