残念な夏

高校1年の夏休みに、

初めて訪れてから、

夏が来るたびに、

滋賀県の琵琶湖の東に位置する

安土城跡へと、

足が・向くのです。

最初の訪問の際の・光景とは、

随分と・様変わりした此処ですが、

今どきの整備され、

現代人の感覚で・修繕されている箇所が・少ないことに、

安堵するのです。

織田信長のファンでは・ありません。

むしろ、

太閤秀吉や、

徳川家康の方に、

人としての・魅力を感じています。

が、

安土城は・良い。

私にとっての・パワースポット・なのです。

天守台跡から見下ろす光景も、

随分と・変わってしまいました。

それでも、

此処に来るたびに、

1枚ずつ、

脱皮デキるような・気がしタンです。

ですから、

継続できたんでしょう。

今年は、

諦めました。

ただ、

10月から・再び、

大学に戻ります。

北陸自動車道を運転し、

給油以外は、1歩も・出ないと云う

通勤手段です。

その時に、

高速道路から、

此処の光景を・思い描こうと・思います。

新型コロナウィルスの出現によって、

本当に・嫌な時を・過ごさされますね。