謙虚さ・

朝の6時前の・高松市の街中は、

少しばかり、

肌寒く・感じます。

つい2,3日前までは、

刺すような・陽射しに、苦しんでいましたのに。

この急激な気温の変動と、

新型コロナウィルスに対する対処が・全く解決できていない状況に、

これから・いったい・どうなるんだろう?

と、

不安が・募ります。

医療職に就いて・30数年、

感染症対策については、

ある種の・自信がありました。

が、

正直に申し上げます。

新型コロナウィルスの出現が、

私の・この自信を・完全に覆してくれました。

一診療所では・到底・対応できる問題では・無いのだと。

社会全体との・関わり・と云うモノを、

つくづく感じたのです。

体力旺盛なる若者は、

自分は・関係ないのだと、

タカをくくって・いるかも・しれません。

でも、

その自分が、

知らず知らずのウチに、

身も知らずの・老人たちの、

健康被害の原因に・成るかも・しれません。

そんな事を、

社会全体が・自覚しなければ・なりません。

診療開始が・午前10時の・私の診療所。

何故に・そんな早朝に・出勤するように・なったのか?

人混みを・避ける為に・他なりません。

患者さんが・私に身を任せて・下さるのです。

私が・無垢でなければ・なりませんから。

そんな生活を・半年ばかり。

正直・疲れます。

寸分の気配をも・感じるようにと、

気をつけてきた・半年は、

心身を・疲れさせます。

進歩した科学の・限界を感じさせても・くれました。

人間は・謙虚に・ならなければ・なりませんね。