根管治療の模様替え

1日の気温差が・激しく上下し、

ともすれば、

体調を崩す気配をも・感じる・今日この頃です。

が、

私の日常は・いつもどおり変わりません。

先日、

日本歯科大学の江面教授との電話での・やり取りにて、

大いに・刺激を受けました。

根管治療の名人と唱われる・江面教授からの刺激は、

昨今の根管治療の風潮に対して、

日頃から・異論を唱える私にとって、

大いに・力付けてくれる・モノでした。

根管の解剖を熟知し、

生体のルールに沿った・細やかな配慮の基での、

根管治療に努める事の・大切さを、

名人は・冒涜に語っておられました。

風潮を・意にしない、

シッカリと・原理原則を身につけた、

名人って、

この国に・どのくらい・残って居られるのかと、

ふと、

考えてみたのです。

そんな事を鑑み、

母校の層の厚さを・しみじみと・感じたのです。

日頃から・24時間・思案していた、

根管治療の壁が、

一気に、

壊れた・瞬間でも・ありました。

根管治療の道具箱を、

今週、

一気に、

模様替えする・チェンジの時を迎えたのです。

更なる、

根管治療の高みに・挑むつもりです。