望郷の念

高松市の中心部に・診療所を構えています。

いくら高松市が、地方都市と・言えども、

県庁所在地の中心部は、

アスファルトと・コンクリートだらけで、

無味乾燥な・渇いた空気に・囲まれています。

窓からは、

小路の向かい側に・圧倒するようなビル群の隙間に、

毛が生えたような程度の街路樹しか・ありません。

それも・落葉樹ですから、

冬は・一層・味気なさが・募ります。

仕事に・精を出せば・出すほど、

心が・潤いを・求めるモノです。

そんな時に、

幼い頃・育った町並みの光景や、

青春期を過ごした・新潟の風景が、

ヤケに恋しく・なるのです。

脳裏に・浮かべ、

楽しかった日々を思い出すと共に、

あぁ・帰りてぇなぁ!

開業医のだから、

滅多矢鱈には、

街を離れられない境遇を

恨めしく・思うのです。