見直そう・根管治療

最近、

某歯科医院にて・根管治療を受けたンですが、

なんか・違和感が・あるんです。

先生に伝えても、

様子を・見ましょうと・だけ。

いつまで・様子をみても、

変な・感じは・変わらないどころか、

ズキン・と、

時たま・感じるんです。

1度・診察して・頂けませんか?

そういう・電話での・初診のアポイントメントが・増えました。

電話だけですが、

歯の状況は、

容易に・察することが・できるんです。

私が・弟子たちに・口酸っぱく・モノ言う台詞が・あります。

歯は・白桃の果実の表面を・触るようになっ!

デリケートなんだ!歯は!

粗雑な・歯への【手当て】は・治療では・ありません。

歯への【破壊行為】に・なります。

ソレと、

講習会で観た症例を、

自分が・出来ると・勘違いしては・なりません。

身の丈に合った・自分のレベルを識ることが・大切です・と。

だからこそ、

日々を・精進しなきゃ・ならんのです。

繊細さの欠ける、

粗雑な・根管治療は、

決して・治療では・なく、

歯への・破壊行為なんです。

マイクロスコープで・拡大して視ても、

CT写真で・詳細まで視ても、

手先が、

変幻自在に・動くンですかねぇ?