遂に

数年前から、香水を使うように・なりました。

エレベーターの中で、

男性の・加齢臭に・閉口したからです。

以降、

テレビなどから、

加齢臭という・単語が・耳に入る度に、

身構える・ようになりました。

で、

アレコレ・試して、

ボディーソープは・パヒュームを。

コロンは、ディオールのソバージュを。

で、

なんとか・加齢臭とは・縁が無い・安心した社会生活を営んでいます。

そんな平和な日々の中で、

50歳になる友人が・何気なく語った・彼の日常に、

仰け反った・のです。

化粧品は・女性だけが使うもの・と硬く信じていた私。

ところが、

硬派に属する・この初老の友人は、

日常的に・朝晩・化粧をしているのだと。

理由は、

患者さんの前で・カサカサした乾燥した顔は・見せたくない。

実に・もっともな・考えです。

で、

アドバイスを・聞き入れて、

遂に、

化粧乳液を・恐る恐る・使ったのです。

58歳を前に、

遂に・わたくも・アンチエイジングに・挑むことになりました。