今年の・仕事納

院長室に、

ご先祖の・お仏壇を祀っています。

自宅だと、

留守番する・犬たちが、

お供えの・お饅頭を狙うことを

1日の・仕事にするからです。

また、

ご先祖さまも、

私の城で、

一緒に・仕事を感じていることを

欲するだろうと、

勝手な私の解釈からの事です。

と云う訳で、

毎朝、

お仏壇の中の・過去帳を、

日捲りのように、

日を追うのですが、

何故だか、

月末に、

命日が・集中しているのです。

商人の性が・命日まで・影響したのでしょうか?

私の生まれは・生粋の・商人です。

母方は・軍人、医者、学者の類ですが、

私は、

どちらの血も・中途半端に引き継いでいるようです。

今年の・仕事納めは、

私らしい・1日に・なりそうです。

凄まじく大きく成長した・歯根嚢胞の・根管治療に・挑みます。

今から・身震い・するほど・です。

なんだ・かんだ・の1年でした。

で、

今年は・一生懸命・頑張った。

無我夢中で・働いた。

そう・自己評価できる・1年でした。