どうして?

私は・どちらかと言えば、

オーラルリハビリテーションを・得意にしています。

で、

咬合再構成のために、

縁の下の力持ち・では・ありませんが、

根管治療であったり、

虫歯の治療であったり、

インプラント治療であったり、

歯周病の治療などの、

ひとつ・一つの・手順を、

ただ・ひたすら・丁寧に、

重ね・重ね、

結果として、

大掛かりな・ダイナミックに視えるオーラルリハビリテーションに

至って・いる訳です。

この頃・多い・根管治療を求めて・お越しになる・新患の多いこと。

粗雑さ・と云う言葉が、

脳裏に・浮かぶのです。

本来、

歯科医師は・丁寧さが・売りの筈なのに。

この間・お見せした・歯根嚢胞に対する・根管治療の途中経過。

私が手にした・器具の先に、

僅かに空間が・見えるでしょう?

その空間の・立体的形態が・イメージできなければ、

正確な・根管治療は・できません。

脳で・イメージできること。

そのためには、

いつも、

どうして?どうして?

と云う・問題提議する心が・大切です。