電動歯ブラシ・否定派

私が・今のスタイルで・診療室に立っているには、

キッカケが・ありました。

商家の放蕩息子であった私は、

1流処の・料理屋へ、

普通に、

ツケで・出入りを・許されていた、

恵まれた・境遇に・育ちました。

1流の板前職人やシェフの・立ち姿。

それは・美しかった。

彼らは、

自分の・指先、手を、

そして、

五感を・磨く事を・決して・怠っていませんでした。

ですから、

私は・自分の・手作業を・最も・優先しています。

治療する私が・手作業です。

患者さんにも、

丁寧な・手作業での・歯磨きの習慣を・定着していただくように、

さまざまな・工夫をしています。

超音波歯ブラシ、電動歯ブラシは、

データー的には・容易にプラークを・取り除くことが・できます。

が、

ここに・大きな・盲点が・あります。

持続的な・微振動、

特に・超音波振動は、

クラウンを合着するセメントを破壊します。

また、

スクリュー止めの・インプラントのクラウンのスクリューに対して、

さまざまな・負の作用を加えます。

長い・長い・臨床生活を、

厳しい基準にて・過ごして来ました。

寸さ・の変化を・見逃すほど、

私の眼は・マヌケでは・ありません。

と、

患者さんと共に・歯を大切にする協力関係構築には、

丁寧な・歯磨きを・一緒に・身につけて頂く作業が、

大きな・力となります。

三枝デンタルオフィスの・患者さんたち。

とても・歯磨きが・上手です。

新型コロナウィルスにて、

メンテナンスを・ストップしています。

が、

私は・全く・心配していません。

私の患者さんの・口腔衛生は・微動だにしない位・綺麗です。