歯科医療は・愛の仕事

タイトルの・言葉は、

内村鑑三氏の・遺した有名な台詞です。

この頃、

日々・実感しています。

私の母は、

今から凡そ30年前に、

上下全てを・インプラントにて、

私が施術したものです。

当の本人は、

今では・全て自身の歯だと・思っていますが。

私の歯は丈夫なの・と云う台詞を、

微笑んで・聴いて・うなずいている私です。

母とは縁の・薄かった環境で・過ごしてきました。

私の中での・母の記憶と言えば、

幼児であった私にとっての母の手は・大きく感じていたことです。

手を繋いで歩く際に、

母の親指を・掌で・シッカリと・握りしめていた事。

それほど・母の親指に・安堵感を持っていたのだと・思います。

それが、

58歳を迎える私が、

母と手を繋いで、導くようになりました。

母は・私の掌を・シッカリと・握りしめて、

転ばぬように・息子に迷惑をかけないように・と云う

必死さが・温かさから・感じとれるのです。

私が・このような心境の大きな変化に至ったのは、

まさしく・患者さんを診る仕事に就いたお陰だと思います。

患者さんにとっての私は、

母にとっての・私の掌に相違ない・と云う気持ちで、

大切な・人の身体の手当を、

心を込めて・尽くすことに精をだすのが務め。