穏やかな日々

それこそ・死にもの狂いの・想いにての、

東北の施設からの逃避行から・1週間が過ぎ、

母は・穏やかな日々を過ごしています。

当地にて・痴呆扱いされたことに、

まぁ・失礼な人っ‼︎

と・憤り、

高松の光景と・空気が、正常なる母を蘇らせたのです。

孫たちに・手を繋いでもらって・近くのコンビニに行くのが

今の母の楽しみに・なっているようです。

お小遣いを1000円渡すと、

これだけじゃ・足らないわ!

孫たちのも・あるんだから!

もう少し・頂戴!

私に・掌を出すのです。

で、

中央公園へと・孫に手をひかれて、

お散歩し、

故郷の空を流れる雲を仰ぎながら、

おしゃべりしながら、

あ〜・此処は高松だね?

本当に・帰ったんだね!

と・孫が辟易するほど、

高松を楽しんで・いるようです。