ありがとうございます

母の境遇を知った方々から、

母に、

色々な、

お菓子や、

お届けもの、

そして、

温かい・お心遣い、

励ましの・お気持ち、

いっぱい・頂き、

ありがとうございます。

お陰さまにて、

毎朝、

菊池寛通り・の光景に、

あ〜・高松だねぇ!

で、

診療所の階段を、

蟹歩きで、

両の手で・シッカリと手すりを・握りしめ、

登ってき、

院長室の・お仏壇のお供えをする私を

腰掛けて・じっと・眺めて、

熱いお茶を・お供えした処で、

蝋燭に線香に火を灯し、

1日が・始まるのが日課となりました。

人の一生とは・長いようで・短く・儚い・線香花火。

美味しいものと、

清潔な衣服、

そして

暖かい人の気配。

贅沢はさせて・あげられないと・思いますが、

人としての・尊厳だけは、

母には・担保して、

そんな風に・思いながら、

同じ話の繰り返しに、

うなずくのも・繰り返す私。