人のこころ

夢であった・故郷の高松で暮らせることになった・母は、

穏やかに・過ごしています。

デイサービスの入浴や、

体操、

踊りなど、

忙しく・なったようです。

お友達も・できたようす。

東北では、

会話が・全く理解できず、

ただただ、

聴いてる振りをして、

微笑んでいるのに・疲れたそうです。

ですから、

今は、

他人と・コミュニケーションが可能になった。

これは・高齢者にとっては、

脳の・リハビリテーションには効果的結果と・なりました。

東方の娘夫婦や孫たち、

施設のスタッフから、

認知症・扱いされた事を、

まぁ・なんと失礼な人達!

そんな会話も・できるように・なりました。

縁の薄かった母です。

が、

色んな事情は・忘れてあげよう。

そんな気持ちなれれたのも、

私が・医療職に就いたからでしょう。

許すこと。

それが、

人の心で・もっとも大切なことと・思うようになりました。