根管治療における・激しい痛み

初診の方なんですが、

ですから・初対面なんです。

診療所にお電話を頂き、

他の歯科医院で治療中なんですが、

痛みが・激しくなる一方で、

もう・堪りません!

助けてください。

そんな・新患の方が・増えているんです。

医療情報も・何もないんです。

ご紹介患者さんでは・ありませんから。

でも、

歯の激痛って・我慢しろってのは・到底・無理ですから、

即日に、

時間を・やりくりして・拝見するんですが、

もう、

このような症例って、

完全な・パターンが・ありますね。

根管治療であること。

技術的に・未熟な上に、

感染が・酷いって・こと。

根管治療は、

さまざまな治療ステップを・確実に踏まなければ・なりません。

その全てが・中途半端。

診断についても・同様。

本当に・困ります。

痛みって、

その原因に対する・手当てを行えば・消失するものです。

この位の程度の問題は、

私が卒後3年目くらいの時には、

十分に・対応可能でしたし、

そのような・問題も経験せずに・今日に・至って位ます。

マイクロスコープを使おうが、

CT画像を眺めようが、

歯科医師としての・基本のき・が、

トレーニングされていなければ、

意味のない・道具にしか・過ぎません。

根管治療後の激しい痛みへの・対処って、

基本的な手当てで無くなる・難しい処置では・ありません。

長持ちさせる・根管治療。

ここに、

根管治療の・存在価値が・あるんですがね。