ヨシっ・研究だ!

私は・大学での仕事は、

チームを・組んでいます。

具体的には、

研究と・診療です。

診療行為には、

確たる・学問的根拠が・なけれな・なりません。

その根拠とは、

他の学者の研究論文ではなく、

自らの研究によって・裏付けした結果が・最も・信用に値すると・

考えています。

ですから、

患者さんの診療を行う・臨床家こそ、

研究環境に・身を置く必要があると・確信しています。

で、

同じ方向を以って・進む仲間との・チーム医療と研究は、

無駄な・時間や意見のすり合わせを・割愛できるという

大きな利点が・あります。

今朝、

大学の水橋准教授に・電話を入れました。

で、

閃いたネタと・方法を、

ダダダ・と、

猛烈なスピードで・申し上げたのです。

水橋先生は・流石ですね。

ピン・ピン・ピン・と、

理解して、

私は・大いに・満足したのです。

その満足心に満たされた・単細胞の私の、

今日の・診療が・格別に・上手な仕上がりになったのは、

言うまでも・ありません。