歯科の旅 へ 【全速発進】

最近

先生 変わりましたね!

とても お元気で なんか 変わったようで?

どう されたんです?

頻繁に 問われるのです。

自分では 意識していないのですが、

【本当に困った時の歯科医院】

これは、

コマーシャルベースでの 表面上での 言葉遊び では ありません。

大勢の 新しい 患者さんたちが お越しになられます。

地元だけでは ありません。

むしろ、

遠方からの 縁を 頂いて いるのです。

そのような近況下、

私は 自分の【歯科医学】に対する【方向性】を

やっと

見つけたのかも しれません。

もう59歳の 私です。

残された 限りある 時間。

17歳の年に 【歯科医学】の道を 志し

沢山の 回り道しながら 今日を迎えています。

最近 思い付いたように 始めた

院内の 空気の 入れ替え。

私の【診療台】の 光景です。

変化に お気づきに なられましたか?

【歯科医学は愛の仕事である】という 意味で

内村鑑三師が 描かれた

【Dentistry  is  a  Wark   of   Love】

から

【常在戦場】

山本五十六元帥の 書へと。

歯科医学だけの 半世紀でした。

それならば、

それで 貫くぞ!

そう 腹を括ったが 決め手になったのかも しれません。

医療職に【人間愛】は 絶対条件です。

その上で、

もっと もっと 高みを 目指して

【全速前進】で 発進するのみです。