【考える】歯科治療 相変わらず

最近、

私の 診療を受けたい旨の お電話 メールが 多いのです。

その際には、

メールであれば 夜に、

お電話であれば 診察中の際が多いので、

チョッと お待ち頂き、

ご連絡先の番号を教えて頂き、

後程、

私自身が 直接 電話で応対させて 頂いています。

患者さんを お引き受けする対応は スタッフ任せしてません。

全ての方を お引き受けできることが

私の身体は 1つ。

現状 診療させて頂いている 患者さんへの 大きな責任が あります。

オーバーキャパシティーは 【質】の低下の 最大原因だからです。

そういう訳で、

お受けするか 否かは、

私自身が 判断しなければ なりません。

最近、

群馬県からの 患者さんの診療を お引き受け したのです。

何故って?

私は【本当に歯で困った時の歯科医院】の院長だからです。

今も、

多くの 新患の方の【治療方針】について

大いに 思案の 最中に あります。

人それぞれの ご性格 体質 骨格 筋肉の状況、

そして、

歯 歯槽骨 歯肉 粘膜、

お仕事がら 家庭環境、

さまざまなる 因子を 考慮しなければ、

総合歯科診療など 不可能だと 考えています。

ですから、

考えて、考えて、考えて。

で、

もう一度 立ち止まって、

考える。

それが プロフェッショナル。