ひらめき

来月の3日で、

88歳の誕生日を迎える母の近況は、

日に日に、

弱ってゆくのが

手に取るように 判ります。

あなたの好きな新潟へ行きたい、

浅草の観音様にも 今までのお礼をしたい、

そんな台詞を聞く度に、

よし!判ってる!

連れてゆくから 元気になれよ!

そのような 繰り返しの日々を 送っていました。

あなたは 今 何か 考えてるんやね?

よ~く 観てるんですね。

寝ても覚めても 歯科医学。

手当ての方法を 考えることが 私の習慣になりました。

いくら努力していても、

【ひらめき】が なければ、

モノ創りは できません。

この【ひらめき】の瞬間のために、

始終 考えることが 大切であることを

歯科の道に 足を踏み入れてから、

経験的に 学んだのです。

なぜ そこまで?

と、

後進たちから 聞かれます。

だって、

患者さんの【笑顔】が 在るからじゃないですか!

情熱と挑戦。

これが 私の人生。