日々 精進

完全自費治療の 歯科医院です。

それも、

四国の地方都市で。

同業者の歯科医師は みんな、

どうやって 患者さんを 集めてるんだろう?

と、

不思議がっている そうな。

どうやって 集めてるんだろう ではなく、

どのような【手当て】をと 考えるのが 普通だと 思うんですが。

でも、

だからこそ、

この頃の 歯科医院は 患者さんから 見放されているのだと 思います。

インプラントを利用した 総入れ歯の 維持装置です。

20年経過 症例です。

患者さん自身も 既に 超高齢者。

超高齢者が 超高齢者を介護する時代です。

私の顔を 観るのは 1年ぶり。

一気に、

ご亭主への ご不満を 吐き出して おられました。

笑って 聞いていながらに、

それでも、

おひとりに なると 淋しいですよ。

などと 返しながら、

自分の以前 為した 手当ての 再評価を

黙々と 続ける。

これこそ 歯科医師冥利に尽きると。

患者さんが お帰りになられる際に おっしゃいました。

歯科治療 してて 良かった。