娘たちとの関わり

春休みだからと言って、仕事がありますから何処かへと連れていくことができないので、

娘たちが退屈するのもよく判りますが、それでも彼女たちはよく喧嘩をします。

然り気無く観察していると、大概の場合、下の二人が上にチョッカイを出してが原因のようです。

で、つつきあいから叩きあいへ、遂には掴み合いに発展しています。

途中までほっておいていますが、ある時点で、

ー 馬鹿野郎!やめんかぃ! ー

で、一瞬にて鎮まります。

喧嘩の原因は聞きません。

其々に言い分があるからです。

どちらが良くて、どちらが悪いという審判をしない主義です。

下の二人の其々に、上のおねえちゃんに逆らうな!とだけ、言い聞かせています。

下の二人の手助けを、下の二人が困った時に、上の娘が頑張っているからです。

そういう意味で、私は民主的な考え方はできません。

妹は姉に従えという躾をしています。

時には、頬をひっぱたくこともあります。

これを暴力とか、虐待と言われたら、

言う相手の頭の程度を疑います。

悪いことは、その場でシッカリと解らせる必要がありますから。

口答えや逆らってくる時もありますよ。

但し、後から反省するのでしょう。

シクシク泣いて、謝ってきます。

そんな時には、何事もなかったように、膝の上にのせてダッコしています。

また、娘たちは私を相当な寂しがり屋であることが判っているようです。

ですから、私を独りほっておくことはしません。

私の娘たちとの接し方を変える気持ちはありません。

診療所の自室に、診察を終えて帰った私に、

粘土細工のケーキをご馳走してくれました。

旨そうに、本当に口の中にほりこんだら、

ビックリ瞳の3人に吹き出した私です。