祈り

今日から当分の間、午後から大きな手術が続きます。

娘たちは、院長室でお昼ご飯の最中です。

春休みに入ってから毎日、娘たちは私と一緒に通勤しています。

お昼のランチが何日か続いた時に上の娘が

ー パパ!4人で食べたら高いね!毎日食べたらお金使いすぎ! ー

で、弁当持参と相成った訳です。

もうすぐ進入学の愛菜ちゃんは、今はマイ包丁を使いたくて仕方がありません。

台所の流し台に椅子に登っての名包丁人気取りです。

味付けは、上の娘の出番です。

真ん中の百代ちゃんはご飯をよそったり、お箸等の配膳係です。

仏様のお供えから掃除機、洗濯干しからたたみものまで、勿論犬の散歩も総出です。

私にとって家族は、何物にも代えがたい宝物です。

現在、家人は病気にて療養中です。

若い家人故に、老後の面倒は安心だと思っていましたが、

世の中上手くいかないモノです。

なんでこうなるんだ!と、夜、ふと涙が出ます。

みんなで力を寄せあい、独りも欠けることのないようにと思っています。

娘たちにとっては私が世界そのものです。

護って遣らねばならないと気持ちが張っているのが判ります。

パパの仕事は大切な役目だからと、妹たちに言い聞かせている上の娘にありがたいと

本当に両の手を合わせたくなります。

仏壇に皆で手を合わせて、家人の快復を祈っているのは言うまでもありません。