インプラント手術の度に

インプラントメーカーなり歯科技工所の方からは

この地方においては、

私の診療所くらいインプラント治療の多い処はないのだそうです。

毎日をインプラント治療で過ごしています。

単にインプラントを埋め込むだけの比較的容易な症例から

大幅な骨の改造を必要とする難症例まで、さまざまですが、

何10年経った今でも、手術の前には緊張しています。

院長室で、手先を擦って解して、温めて、

身体を揺すってストレッチしたり。

頭の中は、手術の手順をイメージしながら、ゴソゴソしたり。

患者さんの前で、自信満々!と云う真似は私にはできません。

手術を前に緊張する患者さんに、

ー 私もおんなじですよ。私も恐いんですよ。 ー

で、一緒に大笑いなんてショッチュウです。

人の身体をあずかる責任に、押し潰されるほどに苦しい時もしばしばです。

最近、歯科医院にコンシェルジュとかコーディネーターと云う役割のひとが居られる処も在るそうな。

私から云わせて貰うと、阿呆!の一言です。

私らは身体を張って、切った張ったの世界で生きています。

医者の免許も心得も、経験もない輩が、何を根拠に治療説明するんじゃい!

する方も馬鹿、させる方がもっと馬鹿と、私は思っています。

患者さんの顔もロクロク観ないで、パソコン叩いて電子カルテをと云う馬鹿な医者も増えていますが、

それよりもズット程度の低い医療感だと思います。

私の診療所では、絶対に考えられません。

これが三枝デンタルオフィスの流儀です。