心を落ち着けるため

私は手持ち無沙汰の手当てに、ブログを認めています。

先程、手術を終えて、

次の患者さんは他所でのインプラント治療の失敗でしょう。

なんとかインプラント本体だけはレスキューさせようと、取りかかる手当の第1段階の治療に入る患者さんです。

仕事に馴れは禁物だと思います。

その仕事、仕事の度に、初めて臨む初心の心を忘れてはならないと思っています。

朝の患者さんとの雑談で、

ー 先生は若い頃に悪さし過ぎてって処でしょう? ー

ー 何で? ー

私は律儀な優等生ではありません。

物腰穏やかな性格でもありません。

情熱の歯科医で居たいと。

患者さんが、来られた様です。

さぁ、緊張モードに。