本当に困った時の歯科医院

噛むのも、ままならないほどに悲惨なる状態になり、

歯科医院を数件は回ったけれども、結果が出なかったと云う患者さんばかり診察の10数年だったと思います。

治療に関して、諦めず、決してサジを投げ出さず、

コツコツと結果を出す自信は、正直、あります。

が、これは患者さんの協力あってこその賜物です。

所謂、難症例ばかりに囲まれて過ごして来ました。

インターネットの影響なのでしょうか?

何処も歯医者の治療なんぞ変わらないけど、

まぁ、無難そうだから取り敢えず!と言った具合でお越しになられる方も

最近では観られるようになりました。

これが正直、私にはストレスになっています。

患者さんの数には困っていません。

そりゃ、波はありました。

東北の地震の際には、随分と患者さんが減って、頭を抱えたのも事実です。

あんまり暇で、経済のヤリクリも大変だったので、

その当時に勤務し始めたスタッフには、随分とナメられましたもの。

この時は必死に耐えました。

経済が苦しくても、治療水準を落とさず、

信念は曲げませんでした。

東北の地震と四国の歯医者が、どう関係あるんじゃ?と不審に想われるかもしれません。

私の診療所は、近場で便利だと云う理由で来られる患者さんに依存していませんので。

コツコツと準備して、スタッフを一新し、今では元に戻ったと安堵しています。

大学での仕事、講習会、自分の勉強等など。

いくら時間があっても足りません。

私は良い仕事を遺したいと思っています。

多くの利益を稼ごうと云う商売気は、職人仕事ではたかがしれています。

興味がありません。

本当に困って居られる方だけ、お越し下さい。

今、お越しになられている患者さんへの責任が、私にはありますので。

診断、治療計画作成、そして毎日の治療は、

相当に私に負荷をかけます。

それに受けて立つのがプロフェッショナルだと思っています。

明日は昨日よりも、良い結果を出すための努力は惜しみません。

インターネット上での判断で、なんとなくと云う軽い気持ちでのお越しなら、

自称名医は、SEO対策の上手な歯科医のホームページがシツコイ程に出ています。

私の診療所は、本当に困って居られる患者さんに門を開いています。