私からのお願い

著明な心臓外科医である和田医師が著作のなかで

面白い表現をされていました。

【医師は単に最低限の医学的知識を持つ事の証しでしかなく、技量とは全く関係ないものである】

ここまでハッキリともの申す和田医師に敬意を払います。

インプラント治療を希望されて来院される患者さんほど、楽なモノはありません。

患者さんの治療への意思は明確ですから。

私の診療所へお越しになられる患者さんのインプラント治療は、

単に骨に孔を開けてインプラントを入れると云う簡単な症例は稀です。

骨の幅なり、高さが足りないと云う、骨の造成を伴うインプラント手術や、

特に審美的な配慮を求める患者さんばかりですが、

患者さんの治療への意思決定は、ハッキリとしている訳です。

後は、治療費用の問題ですが、

私の診療所は多くの種類のインプラントやシステムを保有していますので、

最近では、費用が特に気になる患者さんにおいては、

患者さんの方での予算の範囲を逆にお聞きして、

そのなかでベストな治療方法を提示するようにしています。

ですから、私にとってインプラント治療は特にストレスになることはありません。

根管治療の患者さんには、私は大いにストレスを感じます。

私の診療所では、神経を採るに至る治療はごく稀です。

既に神経を採られて居られる患者さんの治療には、随分と精神的な負荷が懸かります。

正直に申し上げて、

何故にキチンと治療出来ていないのか?私には全く理解出来ません。

歯の中がズタズタになっている歯の再治療は、随分と私を苦しめます。

患者さん自身は、自覚されておらず、

単に私が器用であれば大丈夫だろう‼程度しか思っておられないのが伝わります。

私にしてみれば、此処までの悲惨に壊されたモノをどのようにして手当しようか?と、

悩みが沸沸と沸いて来るのです。

最初に神経を採る時に、治療させて貰っていたら、こんなことにならなかったのにと、

恨めしい気持ちで、患者さんの顔を見つめる自分がいます。

また、セカンドオピニオンを求めて来られる患者さんも、

其れは其れで、気持ちはよく理解出来るのですが、

私は、あまり気が進みません。

私の持つ時間には限りがあります。

一度に複数の患者さんを並べての診察はしていません。

だから、キチンと診て貰えると思って来て下さっておられるのでしょうが、

その分、私の治療は停止せざるを得ず、

大勢の治療進行中の患者さんの予約が採れなくなり、

治療の進行が遅れて、ご迷惑をかけて心苦しく思います。

私は治療中の患者さんに対する責任があります。

初診なり、治療着手前の患者さんの治療の全てに応じる訳ではありません。

私は何度も何度も申し上げています。

本当に困って居られる患者さんのための歯科医院である積もりです。

私は治療をお受けする際には、腹をくくって応じています。

絶対的な安定した治療をすると。

何処も歯医者は同じだ思って居られるのならば、

歯科医院は何処も、患者さんが欲しくて堪らない筈です。

他所での受診をお薦めします。