私の仕事感

昔、【はぐれ刑事 純情派】と云う連続ドラマが放映されていました。

藤田まこと主演で、氏が主演を務める【剣客商売】とは、また違った味わいがあって、

私はこのドラマが好きでした。

刑事とは、理屈抜きで、脚で仕事をするもんだと云う台詞が好きでした。

私の仕事は、一応は自然科学に属しています。

しかし私は、歯科とは科学よりも職人仕事だと感じています。

理論的裏付けの重要性は、人の身体を預かる訳ですから当たり前だと云う前提の基で、

兎に角、四の五の言わずに、先ずはヤってみる事が大切だと云うことを、

私は仕事を通じて学びました。

仕事を行う上において、様々な観点から考えることも学びました。

仕事ですから、成果をあげなければなりません。

が、利益なりの結果重視だけの仕事は、世の謗りを受けねばなりません。

仕事を通じての社会貢献も十分に考慮するべきだと思っています。

大きな仕事においても、其れは小さな結果の集合体です。

コツコツと、それでいて期限を決めて考えながら、刑事のように無駄な手順を踏むことは

決して無駄ではないと考えています。

そうする事で、仕事が自分と云う人間を育ててくれるんだと信じています。