親こころ

我が子を案じる親御さんが、お子さんに良い治療を受けさしたいとの想いで

私の診療所へお越しになられた時には、つい、自分とわが子の姿が重なり、力が入ってしまいます。

診断は確たるモノです。

診断は一つです。

が、治療方法となれば話しは別です。

様々な観点から、角度を変えて眺めて考えることが大切です。

特に若年の患者さんの場合には。

それでも最後は、治療方法を一つに決定しなければなりません。

こういう時に、私は子供を授かったことに感謝しています。

親にしか判らない愛情ってものが在りますから。