三枝メソッド

今年も、あと一月ほど残す処となりました。

年末ジャンボも買い求め、

何時もと変わらない生活を送っています。

毎日、新しい患者さんと遭遇するにつけて、

まだまだ若い歯医者には負けぬと、安堵半分、

しかしながら脅威を感じさせてくれる程の若手の不在に、

今後の歯科の境遇を案じています。

私らの仕事は、職人仕事です。

やはり、腕前の勝った負けたと云う意味合いは存在しますので。

剣術みたいなモノでしょうか、歯科医の仕事は。

来年は海外での研究発表も控えています。

ユックリと云う生活は、当分の間、縁がないものと諦めています。

大学の先生方には、とても感謝しています。

三枝メソッドの根拠作りに、基礎的な検討を加えて下さって。

私は歯科医に成れて、本当に良かったと感謝しています。

腕前を向上させることは、これは私自身の問題です。

これは当たり前の事であり、

歯科と云う仕事を通じて、社会貢献する事の意味を感じさせて下さったのは

母校の岡先生です。

先生がいらっしゃらなければ、

三枝メソッドは、一子相伝の秘術的な治療で終わっていたことでしょう。

環境は整ったようです。

インプラントも審美治療も、元々は虫歯が原因で必要になった、歯科治療の最後の砦です。

入り口の部分にて、キチンとストップをかけることが、

私ら歯科医の大きな使命だと思います。