歯科に取りつかれて

新年早々に、生命体の不思議な営みの一抹も判っていない未熟さを味わい、

正にノックアウトされ、

ボロボロになって帰宅し、

直ぐに床に就いた私です。

余程、堪えたんだと思います。

12時間以上、爆睡していたようです。

が、スッキリしました。

また、大きな壁に挑もう!と、

振り返れば今までも、その繰り返しでした。

綺麗な仕上がりの治療は、

私は自由自在に器具や材料を操れ、可能であると思っています。

老いていく生命体の中で、

無機的な材質が共存できるヒントが、

昨日の私の目の前にあった症例であり、

これは正に、

神様佛様が、次への課題を呈示して下さったのだと、

挑む気持ちが強くなりました。

本当に、歯科とは難しく、魅力ある世界です。