若い歯科医の先生方へ

私が母校での教壇に立ち既に8年が経ちました。

当時の新入生も既に、社会へと巣だって行きました。

学校での座学と現実の狭間で、苦しんでいる卒業生の歯医者さんや

その友人や同僚の先生方から、

しばしば連絡を頂く機会が増えました。

セッカチな私ですが、

若い歯医者さんへのアドバイスとして、

焦らない!

ジックリと目の前の患者さんをヨーク診ること!

今すぐに始めること!

毎度毎度、同じ台詞を申し上げています。

序でに、

歯科関連の商業雑誌は見ないで、論文を読むこと!

これは流行りに左右されない治療を学ぶ上で大切です。

で、歯型彫刻をすること!

歯の形態を身体に焼き付けるためには大切な習慣です。

連絡を頂いたら、必ず返信するか、電話するかを

心がけてきました。

そういう自分を省みて、

あぁ俺も歳とった!と、

しみじみ思うのです。

技術はイッペンには身に付きません。

ゆっくり、ゆっくりとで、良いと思います。

誠実な歯医者であることを

其れだけで充分だと思います。