治療の勘所

私の治療が終わってから既に12年経過した患者さんの

今日の上の奥歯の状態です。

_20161025_103046

この患者さんは矯正治療を受けて頂きました。

2年間の保定期間の後に、

シッカリとした噛み合わせを造るために

上の左右の犬歯と上下左右の奥歯を修復治療しました。

上の左右奥歯はセラミッククラウンにての修復はしていません。

下の奥歯は開口時に金属が見えるので、

セラミッククラウンを装着しましたが。

長い間、使って頂く【噛む道具】です。

歯の形に、

私は自分の命を封入します。

が、

それでも完璧という訳にはいきません。

私の【つたなさ】を補ってくれるようにと、

大きな噛む力が加わる上の奥歯は、

あえて金属を使って助けて貰っています。

が、

奥歯の【尖り具合】に

私の自己主張があります。

コレが私の治療の勘所です。